三好長慶公武者行列in大東

公開日 2017年03月08日

戦国武将・三好長慶公ゆかりの大東市で3月4日(土)10時から大東市市制施行60周年記念事業の一環として武者行列イベントが開かれた。

大東市・東坂市長、三好市・黒川市長の挨拶に始まり、三好ネットワーク関係団体・大東市会議員武者団体約300名が甲冑などをまとい、同市の「いいもりぷらざ」を発着点にホラ貝、太鼓の音に合わせて「鬨の声を」上げながら2列縦隊で東高野街道沿いから商店街役3キロを練り歩いた。

商店街では先頭を三好長慶出生の地、徳島名物「阿波おどり」を大阪天水連がおどり、武者行列が後を練り歩く光景は地域活性化に大いに役立ったのではないか。参道の参加者は1万人余り。

途中野崎まいり公園茶室で「ようこそ会」様の湯茶のおもてなしを受けのどかな春の河内路を満喫した。
レポート:歴史委員会・委員長 鈴木忠彰