第100回全国高校野球選手権大会の県代表校の鳴門ナインを激励 8/3

公開日 2018年08月06日

 徳島県人会近畿連合会の木岡清会長と県大阪本部の職員が8月3日(金)神戸市内のホテルを訪れ、5日開幕の第100回全国高校野球選手権大会に出場する鳴門高校野球部員を訪ね激励しました。

 ホテルに宿泊している甲子園出場を勝ち取った選手約30名をを前に「県民と関西在住の県出身者が皆さんの背中を押していることを忘れずプレーしてください」と応援・激励し、激励金を三浦主将に手渡しました。三浦主将は、「県代表として他のチームの分まで戦います。」と決意表明がありました。
 
 鳴門高校は2年目12回甲子園出場。大会4日目第4試合昨年の優勝校・咲花徳栄(はなさきとくはる:埼玉県)と対戦します。報告:事務局

803  804
挨拶する木岡会長           激励金贈呈


805  806
三浦主将の決意表明          全員集合