活動実績

  • 「’17定期総会と県人の集い」 9/3

     9月3日「‘17定期総会と県人の集い」がホテルニューオータニ大阪で参加者約500名により開催されました。

     開会に先立ち「徳島県民の歌」が流れ、本年も昨年に続きタレント佐々木麻衣さん(東みよし町交流大使)の司会により定刻11時に開会。木岡会長より三好長慶公をNHK大河ドラマに取り組んでいる状況をポスターを片手に報告、実現の暁には司会者の佐々木麻衣さんを三好長慶公の奥方役にする構想を披露、結びに9月18日の「まるごと徳島デー」への協力をお願いしますと挨拶。

     続いて飯泉知事「ふるさと納税が最高の件数、金額を頂き、常日頃ふるさと徳島に尽力いただいているお礼を述べられ、東京オリンピック開催日である7月24日の意義ある日の説明、ふるさとの話題等、最後に「関西を阿波の藍色で染めてほしい」と挨拶されました。
    112  119
    会場風景                                     開会前会場内風景


    113 114
    木岡会長                          飯泉徳島県知事

     木南征美県議会議長、中西祐介参議院議員、吉川沙織参議院議員の祝辞の後、来賓紹介、祝電披露、連合会議事報告と進み、功労者表彰では13名の代表として岡田蔭菊代さん(近畿美馬市ふるさと会)に木岡会長から記念品が贈られました。
    129  115
    木南県議会義議長                  中西参議院議員


    116  117
    吉川参議院議員                      功労者表彰

     12時から「県人の集い」の開会となり乾杯酒は恒例となった吉野川市提供の梅酒「ホーホケキョ」。ご発声は橋本圭一郎・全国徳島県人会連合会会長・東京徳島県人会会長。

     歓談の後、落語家・笑福亭学光さん(阿南市出身)の司会にバトンが渡され、関西阿波おどり協会の寒川賢治会長より5周年を迎えた感謝と挨拶の後、しらさぎ会山高可継会長より活動報告、出展ブースのみなさんから各市町の自己PRが行われました。
    120  121
    市町別紹介風景                       すだち君の応援

     

    122  123 
    三好長慶公・武者行列                スタジオFAN&ゆりり    

     演芸では三好ネットワークの甲冑15人が舞台登場し、「ときの声」をあげた後、「我らの長慶公」を合唱、その後甲冑姿で5人の「スタジオFAN&ゆりり」が徳島に関する曲「戦国華風~三好長慶其の人生をゆく・にし阿波恋歌・四国酒まつり」を舞台狭しと歌い踊り披露してくれました。

     次に演歌歌手・木本勝治(海陽町出身)「宝の海へ」を熱唱、続いて南美枝子さん(和歌山徳島県人会300)「徳島こいこい音頭」を熱唱、続いて藤本あつしさん(三好市出身)が「空海の道」を歌い、続いて夢みどりさん(つるぎ町出身)が「女さすらい一人旅」を日本舞踊付で熱唱。トリを大川かずのりさん(徳島市出身)「親父の漁場」を熱唱し、盛り上げてくれました。
    128  136
    抽選会賞品授与                   後藤田副会長中締めの挨拶

     フィナーレは大阪天水連による阿波おどりメンバーに公募した踊り子10名が加わり会場いっぱいに「よしこの」の音色でにぎわいました。ラスト5分の総踊りはまさに本場並みの雰囲気に初参加の女性(生駒市在住)の方から「素晴らしい時間を過ごせました。徳島はおいしい食材があり、皆さんのパワーがすごい。」とのうれしい声を頂きました。

     最後にお楽しみの大抽選会があり絵画、ホテル宿泊券を手にされ各テーブルで歓声の声。多くの方が「来年もまた会おうナ」と声掛けをし会場を後にしておりました。

    130  131
    大阪天水連の阿波おどり           会場いっぱいに総おどり


    137  138
    続々と舞台へ!                熱気あふれる総おどり

     

  • 第9回「阿波おどり見学バスツアー」 8/15~8/16

     徳島県人会近畿連合会主催の「阿波おどり見学ツアー」は8月15~16日にかけて今回で9回目を迎えましました。
    20名の参加者で午前9時梅田をバスで出発、お盆でしたが道中混んでおらず一路鳴門市大朝町の「ドイツ館」へ。100年前の「板東俘虜収容所」の歴史をガイドさんより聞きました。

    松茂町で昼食を摂り眉山のふもと阿波おどり会館を経て選抜阿波踊り(阿波銀ホール)を鑑賞。その後宿泊ホテル(ホテルコスモス)にチェックインした後午後6時から南内町演舞場で2時間にわたり熱演を見学。少し雨が降りましたが、涼しい風に楽しい一時を過ごしました。

    800  801
    鳴門市・ドイツ館にて         南内町演舞場にて

     2日目(16日)は鳴門市の福寿醤油㈱さんの昔ながらの手作り醤油の工場見学、良心的な価格の醤油類を購入後、隣の「鳴門鯛」で有名な㈱本家松浦酒造販売さんの工場見学、どちらも250年の歴史を持つ企業さん。若い10代目の後継者さんが活躍している姿に感動を覚えました。

    すぐ近くの藍の館にて藍染を体験後、鳴門で昼食(ルネッサンスリゾートホテル)後、鳴門公園・渦の道を見学。夕刻6時30分に梅田着「いい企画の楽しい旅になりました」とのお言葉を頂いた、思い出深いバスツアーとなりました。(企画:徳島県人会近畿連合会、旅行実施:エイ・トラックス)

    803  802
    南内町演舞場桟敷にて         福寿醤油㈱さん工場前にて
     

  • 第99回全国高校野球選手権大会の県代表鳴門渦潮高校に

    第99回全国高校野球選手権大会の県代表校の鳴門渦潮高校野球部(平成24年設立後初出場)に応援支援金等を贈呈しました。   

     
    808  810
    下事務局長より松﨑主将に支援金贈呈  鳴門渦潮高校選手団のみなさん  

     8月3日(木)徳島を出発し神戸のホテルに到着した鳴門渦潮高校野球部員を訪ねた下祥造徳島県人会近畿連合会事務局長は、甲子園出場を勝ち取った選手を前に応援・激励し、支援金を松崎健太主将に手渡しました。松﨑主将からは、「徳島県代表として一つでも多く勝ち進みたい」と決意表明がありました。

     甲子園での試合は、5日目第2試合で日本文理(新潟)と対戦します。
    「雰囲気にのまれないよう、必ず初戦を突破して頑張ってほしい。」(下事務局長)
     応援よろしくお願いします。

  • 第11回関西すだち会ゴルフコンペ(7/29開催)

    第11回関西すだち会ゴルフコンペが7月29日(土)茨木高原CCで開催され参加者11名がプレーを楽しみました。雨の予報がありましたが、くもり空のさわやかな高原で、清涼を求め、楽しく懇親を深めることが出来ました。


    優勝は下 祥造さん(徳島県人会・近畿連合会:アウト47、イン47、ハンディ21.6、ダブルペリア方式)2位は矢部俊明さん(くちなし会:アウト49、イン44、ハンディ20.4)3位は松井利之さん(近畿至誠会:アウト46、イン43、ハンディ15.6)その他トビ賞などの郷土名産の賞品が贈られました。成績発表の会食懇談会では初参加4名の自己紹介を含め全員が郷里のことを紹介し、和やかに第11回目を終えました。

    729  726
    スタート前集合写真          1組目のメンバーのみなさん

    727  728
    2組目のメンバーのみなさん      3組目のメンバーのみなさん

    731  732
    優勝 下 祥造さん          2位 矢部利明さん

    734  730
    3位 ニヤピン 松井利之さん      ベスグロ 蘇鉄本 稔さん

     

    733 736
    ニヤピン 森上 修さん        ニヤピン 土井池悦治さん
     
    736 (2)  724
    ドラコン 松井富子さん         小鹿も応援に

     

     

  • 第10回関西すだち会ゴルフコンペ 5月25日(木)

    第10回関西すだち会ゴルフコンペが5月25日(木)東城陽GCで開催され参加者20名がプレーを楽しみました。

    朝からの大雨もスター時は小降りになり4組目のスタート時は雨雲が移動し晴れてきました。緑鮮やかなゴルフ場で阿波弁で楽しみ、懇親を深めることが出来ました。

    優勝は廣田 秀夫さん(大阪天水連連長:アウト48イン53、ハンディ28.8ダブルペリア方式)2位は肥後 清さん(県人会会員:アウト42、イン45・ハンディ・14.4)、3位は木岡 清さん(連合会会長:アウト51、イン52・ハンディ30.0)

    成績発表の会食懇談会では、優勝者のスピーチの後、各自己紹介などがあり、和やかに第10回目を終えました。各企業さんからの景品もあり楽しい一日を過ごしました。次回11回目の出席を誓い解散しました。

    *第11回関西すだち会:7月29日(土)・茨木高原CC・参加申込み受付中

    報告:事務局

    525  526
    全員集合               1組のメンバのみなさん

    527  528
    2組のメンバーのみなさん       3組のめんばーのみなさん

    529  530
    4組のメンバーのみなさん      5組のメンバーのみなさん

    531  1
    6組のメンバーのみなさん            栄えある優勝 廣田 秀夫 様

    4  3
    準優勝 肥後 清 様           懇親会風景

    6  5
    3位 木岡 清 様           ベスグロ 井上 章 様

     

  • 平成29年度役員会・講演会・懇親会を開催しました。5月12日(金)

    「平成29年役員会」が5月12日(金)午後5時からハートンホール(大阪・心斎橋)で開かれました。参加者は51名(委任状17人を含む)。

    開会に先立ち、今年7月逝去されました下條 千一顧問に黙祷を捧げました。

    役員会        ― 平成28年度事業報告及び29年事業計画承認―

     冒頭、木岡会長より「一年間の計画は皆様のご協力により概ね達成できました。今年度も昨年同様各委員会で活動を行いますので、なお一層のご協力をお願いします。」と挨拶がありました。

     続いて挨拶に立った折野好信徳島県大阪本部長から、県政と大阪本部の状況報告がありました。

     その後、会則規定により議長は木岡会長が担当し、資料に基づき報告事項(28年度事業、同収支決算、監査)と、決議事項(29年度事業、同収支予算、役員選任、会則改正、定期総会実施)が事務局から説明があり、全会一致で可決承認されました。なお本年は投影による説明が行われました。

    508  509

       挨拶をする木岡会長         会場風景

    【29年度主要事業】

    ◆平成29年度定期総会と県人の集い 9月3日(日) ホテルニューオータニ大阪

    ◆新年互礼会 平成30年1月13日(土) 大阪新阪急ホテル

    ◆「近畿とくしま歴史講座」 大阪歴史博物館 平成30年1月、2月、(日程は検討中)

    ≪その他、29年事業は「活動計画」をクリックしてご覧ください≫

    講演会

     役員会終了後、会場を移して講演会を開きました。演題は「日本建国と阿波忌部」。講師は林 博章氏(徳島市在住)。

    本部会員10名を加えて参加者は43名。パワーポイントで阿波忌部の研究成果の発表に参加者全員、聞き入っておりました。1時間越えの講演は、まさに「忌部を語らずしての日本歴史は語れない」かのごとく「阿波忌部」は郷土の農業・織物・建築・衣食住の生活文化技術などを伝番させた技術者集団、かつ祭祀集団を照会しヤマト王権成立に大きな影響を与えたことに熱弁を振るわれました。多くの参加者から「勇気をもらった」との声が聞かれました。
    (林氏は「忌部」文化研究所設立協議会を設立)


    511  512

          熱心に聞く会員         講演会場風景

    懇親会

     講演会終了後、再び会場を移し、全参加者による懇親会を開催されました。山本・副会長の乾杯の音頭で和やかに阿波弁の懇親会が開かれました。

    和やかな歓談の後、午後8時30分に折野徳島県大阪本部本部長が締めの挨拶で閉会、解散となりました。

    506  513

    懇親会・山本副会長乾杯の音頭    会場風景

  • 第7回「近畿とくしま歴史講座」開く 2/26

    徳島県人会近畿連合会主催の第7回「近畿とくしま歴史講座」が2月26日(日)午後1時半から大阪歴史博物館4階講堂で開催され参加者135名が阿波徳島出身の戦国武将三好長慶について学びました。

    木岡清会長の主催者挨拶に続き、歴史講座定番となった「我等の長慶公」の唄に続いて、長慶公が愛した連歌が詩吟で披露されました。

    228  227
    木岡徳島県人会近畿連合会会長挨拶    武士による「鬨の声」

    今回は4部制で中井均講師の「三好氏が拠った城」休憩後、2部が重見高博講師の「三好時代の阿波の城と長宗我部氏の侵攻」3部は山本ゾンビ氏が「復元された三好氏の城」を報告。

    4部は小林義孝氏の司会により中井均氏×重見高博氏「阿波と畿内の城の違い」の対談が行われました。

    230  231
    会場内風景                対談風景

    今回は季刊郷土史「大阪春秋」第165号特集「いまよみがえる三好長慶の世界」が1月に発刊され、愛読者の方が遠路より参加され最後まで熱心に聞き入っておりました。参加者は「次はいつ開催ですか」と次回を待っている声もありました。

  • 第6回「近畿とくしま歴史講座」開く 1/29

    徳島県人会近畿連合会主催の第6回「近畿とくしま歴史講座」が1月29日(日)午後1時半から大阪歴史博物館4階講堂で開催され,参加者148名が阿波徳島出身の戦国武将三好長慶について学びました。


    木岡清会長の主催者挨拶に続き、歴史講座定番となった「我等の長慶公」の唄が披露されました。

    206  207

    木岡会長挨拶             我らの長慶公
    今回の歴史講座は三部制で天野忠幸講師(天理大学准教授)の「いまよみがえる三好長慶の世界」休憩後、須藤茂樹講師(四国大学准教授)の「三好氏と戦国文化」最後に小林義孝氏(「大阪春秋」編集委員)の司会により天野忠幸氏×須藤茂樹氏「三好氏の広めた世界」の対談が行われました。

    208
    須藤准教授の講演

     

    また、この歴史講座は、季刊郷土誌史「大阪春秋」第165号特集「いまよみがえる三好長慶の世界」の発刊記念も兼ねており愛読者の方も遠路より参加され、最後まで熱心に聞き入っておりました。

    参加者は「TVなどで三好長慶の名が出てくるようになりこのような講演会を継続して頂きたい」との声がありました。

     

    【事務局より】

    次回・第7回歴史講座は2月26日(日)午後1時半~:大阪暦史博物館4階講堂で開催します。「三好氏が拠った城」講師:中井 均(滋賀県立大学人間科学部教授)・「三好時代の阿波の城と長宗我部氏の侵攻」・講師:重見高博(藍住町教育委員会)、そして中井氏と重見氏による「阿波と近畿の城の違い」の対談です。

  • 新春を祝う -平成29年新年互礼会ー

    徳島県人会近畿連合会の新年互礼会が、1月14日(土)午前11時30分から大阪新阪急ホテルで、来賓、会員を含む83名が参加し、盛況に開催されました。

    木岡連合会会長は年頭挨拶で、自作の和歌を披露され「今年も三好一族をテーマ―に大河ドラマへの夢そして歴史講座、県民の集い、阿波踊り協会等への協力」をお願いしました。

    126  124
    年頭の挨拶をする木岡会長         海野徳島県副知事

    続いて、海野修司徳島県副知事はふるさと徳島に支援・協力している連合会へ謝辞を述べらたあと「消費者庁の移転状況、災害対策、そして東京オリンピック・パラリンピックは阿波文化を国内外に広める絶好のチャンスととらえる」と訴え、県の状況報告をされました。
    喜多宏思県議会副議長は嘉美博之県議会議長のお祝いを代読「四国新幹線導入に向けて取り組み若者に希望の持てる社会を作る」決意を述べられました。

    123  127
    喜多県議会副議長           会場風景

    三木亨参議院議員は「徳島企業が持っているよさを引き継いでいただきたい」とお祝いの言葉を述べられました。
    福井雅彦牟岐町長は「1次産業への雇用問題、ぜひ現状を見ていただきたい。」旨報告がありました。
    5  6
     三木参議院議員             福井牟岐町長

    その後来賓紹介、祝電披露(13通)の後、祝舞「武田武士」が阿南市出身の天羽流家元の天羽祥瑞さんにより、筑前琵琶(人間国宝)の奥村旭翠の謡曲で披露され和やかに開宴しました。

    7  10 
    祝舞「黒田武士」          木内全国徳島県人会連合会会長が乾杯

    全国徳島県人会連合会会長・中部徳島県人会の木内公会長の乾杯のご発声により、祝宴に移りました。和やかな歓談の後、井上章副会長の挨拶で中締め。その後、なにわ連による阿波おどりが披露され、総踊りで盛宴を閉じました。解散は午後1時45分でした。

    11  14
    井上副会長が中締め           会場いっぱいで総踊り

    13  16
    なにわ連の舞台踊り          なにわ連構成踊り

       

     

  • 第96回全国ラグビー大会出場のつるぎ高校に応援支援金贈呈

    全国高等学校ラグビーフットボール大会の県代表になった、つるぎ高校ラグビー部に、徳島県人会近畿連合会の木岡会長から支援金を送りました。


    12月25日午後6時30分、25回目出場のつるぎ高校が宿泊する天理市の宿舎を訪た木岡清連合会会長が整列した選手を前に応援・激励し、支援金(近畿連合)を斎藤主将に手渡しました。

    花園ラグビー場での試合は27日14:40~「東京農大第二高等学校」と対戦します。「阪神在住の県民が背中を押します。昨年に続いて初戦を突破してほしい」(木岡会長)
    応援よろしくお願いします。

    125  
    支援金を渡す木岡会長