活動実績

  • 平成25年新年互礼会 和やかに開催  1月12日

     徳島県人会近畿連合会・平成25年新年互礼会が、1月12日(土)午前11時30分からラマダホテル大阪(大阪市北区)で、来賓、会員計104名が参加して開催されました。

    DSC07013.JPG DSC09401.JPG
      森上会長代行                      齋藤副知事 

     病気療養中の中谷嘉明会長に代わって、会長代行の森上修副会長が「辰から巳年に脱皮し、経済も少し明るさが見えてきたのではないか。昨年同様、県人会活動を通じ会員一同がひとつになって相互の親睦を深め徳島発展に努めよう」と年頭祝辞を述べました。

     続いて来賓の齋藤秀生徳島県副知事は、「徳島県が日本をリードしていくんだ、という気構えで経済、雇用、巨大地震対策で県民の安全安心を守る取組みをしっかりと進めていく。また、高速交通の一大変革を活かし徳島と近畿の皆さんとの絆を深めたい」とあいさつ。

    DSC09405.JPG DSC09411.JPG
      樫本県議会議長                      岩浅阿南市長

     樫本孝徳島県議会議長からは、議会活動、議会改革の紹介があり、岩浅嘉仁阿南市長からは、「来る2月23日に関西阿南ふるさと会を設立するのでお力添えをいただきたい。関西阿南ふるさと会が徳島県人会近畿連合会の大きな核として参画することができるのでよろしく」とあいさつがありました。

     その他来賓の方々のご紹介、祝電披露の後、高岡智也顧問による「自助努力を大事に!、明るく希望ある年にしょう!」と乾杯のご発声がありました。

    DSC07026.JPG DSC07032.JPG
      乾杯発声する高岡顧問                   澁谷さんの墨ライブ

     祝宴・賀詞交換・歓談がしばらく続いた頃、徳島県協力、徳島市後援等による「舞踊組曲ー母子慕情ー」のPR紹介と、阿波市出身の水墨画家澁谷玉麗さんの「墨ライブ」パフォーマンスが披露されました。

    DSC09441.JPG DSC09457.JPG
      中締めする糸田川副会長                   なにわ連のみなさん

     中締めは、糸田川廣志副会長による謝辞に続き、阿波踊り・なにわ連の乱舞で盛り上がりました。散会は午後2時前でした。

     

  • 「第5回関西すだち会」  ≪10/27開催≫

     恒例となった「関西すだち会」(ゴルフコンペ)の第5回大会が、10月27日(土)、参加者20人により茨木高原CCで開催されました。

    第5回すだち会8.JPG 第5回すだち会26.JPG

            参加者のみなさん                 優勝した近藤さん(左) 
     
     6月20日開催が台風4号の影響で延期(7月3日に)したものの、早朝からの豪雨で中止を余儀なくされたといういわく付きの【第5回】でしたが、今回は絶好の天候に恵まれ、参加者一同、楽しく親交を深めました。

     優勝者は、近藤誠一郎さん(青年部会副会長。スコアはアウト44、イン44、ハンデ13.2。ダブルペリア方式)
      (第6回開催は、平成25年5〜6月を予定しています。)

    第5回すだち会7.JPG 第5回すだち会6.JPG

                            和やかに会話がはずんだパーティー会場   

  • '12定期総会と県人の集い  489人が祝う   ≪9/2開催≫

    新・連合会旗の下 初総会
         一体となって新たな活動を!


    「'12定期総会と県人の集い」が9月2日(日)、ホテルニューオータニ大阪で開催され来賓を含む489人が総会を祝い懇親を深めました。

     残暑が厳しい中、飯泉知事をはじめ56名の来賓をお迎えし定刻11時に開会。冒頭、中谷会長は「昨年の60周年記念総会と県人の集いは盛会裡に開催でき御礼を申し上げる。今年は新連合会旗による初の総会、活発な県人会活動を展開したいのでご協力を」と、60周年記念誌発行の紹介、未結成団体の課題、阿波おどり振興等に触れたあいさつがありました。

    DSC05570.JPG DSC_0189.JPG 

     中谷会長あいさつ                         飯泉知事祝辞

     続いて、飯泉知事の祝辞がありました。関西広域連合での役割、全国一のブロードバンド化、映画「人生、いろどり」の公開、関西阿波おどり協会発足等の紹介があり、9/1〜12/14に開催される第27回国民文化祭・とくしま2012の開催内容について「新しい型の国文祭を見にふるさと徳島に来てほしい」とあいさつ。

     樫本孝県議会議長、吉川沙織参議院議員、俵徹太郎三好市長、影治信良美波町長のみなさんからの祝辞に続き、来賓ご紹介、祝電披露がありました。

     議事では会則の規定により平成23年度事業報告、同収支決算、平成24年度事業計画、同収支予算が報告されました。

     功労者表彰では14人の方に表彰状と記念品が贈られ、飯泉知事、中谷会長と記念写真が撮影されました。
    DSC05636.JPG DSC_0207.JPG

        会場模様                            功労者表彰のみなさん

     【県人の集い】

     小休止の後、12時30分に本浄嘉章全国徳島県人会連合会会長(愛媛徳島県人会会長)のご発声で乾杯し、会食・懇親会となりました。

     演芸ショーの前に映画「人生、いろどり」が近日公開されるにあたり、御法川修監督と横石知ニいろどり社長が舞台でPR挨拶され、司会が吉本興業のお笑い芸人に変わり、軽快なリズムによる若者のストリート・ダンスショーがありました。

     歌謡曲の後は恒例の「阿波おどり」。大阪天水連による“ぞめき”、そして会場一杯の総踊り…。

    DSC05648.JPG DSC05680.JPG

       ストリートダンス                      阿波おどり(大阪天水連)
     
     中締めは山本副会長による謝辞があり、午後2時30分から抽選会に移りました。抽選賞品は355本(空くじなし)。絵画、ホテル宿泊券、会長賞等では大いに盛り上がりました。

     また、昨年に続き、鳴門、阿南、吉野川、三好の各市、及び上勝町、美波町から特産品販売、観光PRのブース出展にご協力をいただき、参加者のみなさんは思い思いにふるさと特産品を買い求めていました。閉会は午後3時40分。

    DSC_0225.JPG img003.jpg
        展示ブース                       H24.9.3.付 徳島新聞記事 

      *会場模様は「アルバム」をご覧ください。(その1〜その3)

  • 「創立60周年記念誌」 発行

     創立60周年記念事業として進めておりました「記念誌」が完成し、9月1日付で発行されました。
     装丁は、A4判、118ページ、オールカラー、上製本。藍色をベースにした表紙には「新連合会旗」を取り入れ金押デザインとなっています。(写真)

            12創立60周年誌3.JPG 

     主な内容は、「祝辞」、「創立60周年記念事業」、「60年のあゆみ」、「座談会—創立60周年とこれからの“近畿連合会”を語る」、「主な事業・活動状況の紹介」、「応援メッセージ」、「年表」、等々、多岐にわたる記事が収められています。

     これまでに一度も「記念誌」は作成されておりません。従って、充分な資料がないため、過去の運営活動状況は判り易くまとめ、未来展望にウエイトをおいた編集とし、あるべき県人会活動について考える時、ひとつの参考資料になればとの期待も込められています。

     (9月2日に開催の「定期総会と県人の集い」に参加されたみなさんに謹呈しました。創立60周年記念誌に関するお問合せは事務局まで。)
     

  • 第4回阿波おどり見学ツアー実施  8/15〜8/16

    〜第4回阿波おどり見学ツアー〜
      31人が徳島市で“ぞめき”を堪能

     毎夏の恒例行事となった当連合会企画による阿波おどり見学ツアーが8月15日〜16日に実施されました。(旅行実施:エアトラベル徳島)
     
     ご夫妻、お孫さん連れのご家族、新婚カップル、同窓会グループ、阿波おどり教室で知り合ったメンバー…等、総勢31人は、大阪梅田を午前9時前に出発。途中、休憩と昼食をとり、徳島市文化センターで有名連による選抜阿波おどり大会を鑑賞し、夕刻には大音響の“ぞめき”に揺れる藍場浜演舞場で最終日となった阿波おどりを存分に堪能しました。(阿波観光ホテル泊)

    12阿波踊りツアー8865.JPG 12阿波踊りツアー8893.JPG

       藍場浜演舞場で有名連の踊りを見る参加者         参加者のみなさん 

     2日目は、定番コースとなった藍の館見学(藍染体験も)、阿波人形浄瑠璃の上演(阿波十郎兵衛屋敷)観賞、霊山寺、鳴門公園などを観光(op観潮船乗船、大塚国際美術館)して、夕刻6時梅田着。「楽しかったです。心から楽しんでいただこうという手作り感が伝わってとっても良かったです。」(50代の女性参加者)

  • 春夏連続出場の鳴門高校を激励

     8月6日夕刻、今春の選抜大会に続き連続出場を果たした鳴門高校野球部を神戸市内の宿舎に訪ね激励しました。
     当連合会の中谷会長は「春は一戦一戦立派な活躍。近畿在住130万の県民が応援しているので日頃の訓練を存分に発揮してほしい」とエールを送り、杉本主将に支援金を手渡しました。

     第94回全国高校野球大会に出場した同校は2年ぶり7回目の出場。大会6日目(8/13)には、済々コウ(熊本)と対戦。渦潮打線の活躍が期待されています。

               DSC08800.JPG

                 杉本主将に支援金を贈る中谷会長
       

  • 平成24年青年部会夏季総会 ≪ボーリング&懇親会開催≫ 

     平成24年7月14日(土)「青年部会夏季総会」を開催しました。
    今回は趣向を変えてHIP(ホームアイランドプロジェクト)、徳島LOVERの方々に参加頂き、ボーリング大会(ラウンドワン北心斎橋店)& 懇親交流会でした。参加者は12名。

    12青年部会P7140024.JPG

     お互いに声を掛け合ったりハイタッチをしたり、終始賑やかな雰囲気の中、2ゲームを投げ終えました。優勝は近藤誠一郎副会長(アヴェレージ148)。

     懇親会はオープンテラス席で夏のビールの旨さを味わいながら、故郷徳島のこと、ビジネスのこと、各々の活動等、話題は尽きず大いに盛り上がり親睦を深めました。(青年部会・平松剛治記)

     

  • 「平成24年役員会」開催   事業計画と会則改正承認 (5/11)

    「平成24年役員会」が5月11日(金)午後6時から、ハートンホール(貸会議室、大阪・心斎橋)で役員55名(委任状出席者27名)により開かれました。

     「役員会」は定刻午後6時に開会。冒頭、中谷会長は「創立60周年期を終え、新しいスタートの年として運営してまいりますので、なお一層のご協力を」とあいさつ。
     続いて並木徳島県大阪本部長から県政紹介のあいさつ後、議事に入りました。
    報告事項(平成23年度活動報告、同収支決算報告、監査報告)が承認され、議案審議が行われました。

    DSC04453.JPG DSC04444.JPG
     
     【役員会】で挨拶する中谷会長(中央)          報告事項、議案が承認された

     第1号議案:平成24年度事業計画、第2号議案:平成24年度収支予算、第3号議案:会則改正、第4号議案:定期総会と県人の集い。それぞれ原案どおり承認可決されました。(定期総会で報告されます。)

     【主な事業】
      ●定期総会と県人の集い  9月2日(日)午前11時〜 ホテルニューオータニ大阪
      ●新年互礼会   平成25年1月12日(土)午前11時30分〜 ラマダホテル大阪
      ●創立60周年記念誌発行

     「講演会」は会場を移し、午後7時過ぎから約1時間にわたり開かれました。(本部会員の参加がありました。)
     演題は「徳島の現況と新しい魅力」(講師:田村耕一氏)。徳島の課題と先進的な取り組みについて多面的に紹介され、参加者一同、徳島の魅力と「おしゃれな徳島」について認識を新たにしました。
     その後の懇親会でも、歓談と意見交換が行われ午後9時に散会しました。

    DSC04477.JPG DSC04501.JPG

      【講演会】≪徳島の現況と新しい魅力≫          【懇親会】

  • 平成24年度春季総会(青年部会)を開く

     去る4月6日(金)午後7時から、徳島県大阪本部会議室で「平成24年度春季総会」を開き、夏季総会などの年間活動計画を決めた後、研修会として映画を鑑賞しました。参加者は15名。

     夏季総会は昨年同様、徳島青年会議所(JC)と交流をはかり7月に徳島市で開催します。(詳細は今後詰める)

     映画は「徳島大学長井長義映像評伝実行委員会」が企画した『こころざし—舎蜜(せいみ)を愛した男』。日本薬学の開祖といわれる徳島市出身の長井長義博士(1845〜1929)を顕彰する映画です。
     徳島藩医の長男として育った長井博士が、化学に憧れドイツ留学を経て1885年に咳止め薬「エフェドリン」を発見するまでの軌跡を描いた1時間48分の作品。
    「幕末から明治期に活躍した徳島の偉人の生き方に感銘を受けました。」(参加者)の声も聞かれました。
    (注:舎蜜とは江戸後期に、オランダ語の化学を意味するChemieを音写して当てた言葉。)

    24青年部会春季?.JPG 24青年部会春季?.JPG

     開会挨拶をする後藤田青年部会長     上映された映画(DVD)

  • 選抜出場・鳴門高校に激励金贈呈

     3月20日、選抜高校野球大会に出場する鳴門高校野球部を神戸市内のホテルに訪ねた当連合会の中谷会長は「“心技体”を存分に発揮し、洲本高校との海峡決戦に勝ち一戦一戦健闘してほしい」とあいさつし、杉本主将に激励金を贈呈しました。

    【贈呈模様を報じた平成24年3月21日付徳島新聞記事】
      img-323142518-0002.jpg

  • 新しい世代に向かって  平成24年新年互礼会開催 —1/14—

     平成24年1月14日(土)、午前11時30分から「平成24年新年互礼会」がラマダホテル大阪(大阪・北区)で、斎藤秀生徳島県副知事、岡本富治県会議長らをお迎えし、役員、会員計102名の参加者により開催されました。

    DSC08188.JPG DSC08197.JPG

      中谷会長                         斎藤副知事

     年頭祝辞で壇上に上がった中谷嘉明会長は、創立60周年記念総会、同ゴルフコンペの開催協力御礼を述べた後、「60周年の節目を乗り切った年であり、県人会としてこれから何をどうすべきか、皆様と協議をしながら新しい方向、新しい世代に向かってスタートの年とし、辰年に因み辰の如く元気を出して空に舞い上がる…、そのような近畿連合会にしたいので、ご協力願いたい。」とあいさつ。

     続いて斎藤副知事からは、県南で懸念される南海・東南海大地震への対応、経済・雇用対策、中国との国際定期チャーター便就航、第5回とくしまマラソン、国民文化祭開催等々、徳島の持つ強みを伸ばす施策について、その取り組み状況の紹介がありました。

     岡本議長からは、「心豊かに新年を迎えなければなりません。安全・安心な県民を守るということでまだまだ十分ではないが、皆様のふるさとはしっかり守っていく、守り抜いていく中にこれからの日本のあるべき姿があるのではないか。共に頑張って行こう。」とあいさつ。

    DSC08211.JPG DSC08217.JPG

      岡本議長                         天羽祥瑞さん 

     来賓のご紹介、祝電披露に続き、天羽祥瑞さんによる新春の舞「祝舞・老松シンフォニー」ご披露があり、五島光倍顧問による乾杯の後、祝宴・賀詞交換・歓談に入りました。

    DSC08227.JPG DSC08219.JPG

          賀詞交換・歓談スナップ

     中締めは森上修副会長による一本締め。
     時を置かずに、高張提灯≪徳島県人会近畿連合会≫を先頭に昨年11月から始まった「阿波おどり教室」の“生徒”10数名が入場、舞台へ。

    DSC08237.JPG DSC08244.JPG
     
     「阿波おどり教室」“生徒”が舞台へ        “生徒”を紹介する廣田連長

    指導に当たった大阪天水連の廣田秀夫連長から紹介がありました。若さあふれる“生徒”のみなさんは練習成果を披露。大阪天水連合同で大いに盛り上がり、フイナーレは総踊りでした。散会は午後2時前でした。

    DSC08242.JPG DSC08248.JPG

    DSC08258.JPG DSC08263.JPG DSC08270.JPG DSC08275.JPG
     

  • 創立60周年記念 「第4回関西すだち会」開催  35名が参加

     11月5日(土)茨木高原GCにおいて、第4回関西すだち会ゴルフコンペを開催いたしました。
     
               11第4回関西すだち会6.JPG

                参加者のみなさん

     今回は、当連合会創立60周年事業の一環として開催したもので、参加者は徳島青年会議所の方々を含め35名。

     あいにく午後から雨がふり、霧まで発生する悪コンデションでしたが、何とか全員ホールアウトすることができました。
     優勝者は阿波高校近畿同窓会からご参加頂いた松岡量久さん。(スコアはアウト53、イン49、ハンディ31)
     (第5回開催は平成24年5〜6月を予定しています。)       (青年部・平松剛治)

    第4回すだち会P.JPG 11第4回関西すだち会13.JPG

     優勝した松岡氏にトロフィーを贈る中谷会長(左)  

  • 創立60周年記念総会と県人の集い  参加者580人余が祝う

     「創立60周年記念総会と県人の集い」が9月11日午前11時から、大阪市内ホテル(ホテルニューオータニ大阪)で開かれました。参加者は来賓を含め585人。

     「記念総会」は定刻の11時に開会。

    東日本大震災と台風12号の犠牲者に全員で黙祷を捧げた後、中谷会長は「創立60周年という長い歴史の中でいろいろなことがあった。先輩の方々が築いた歴史に感謝し、これからの新しい時代に相応しい県人会活動を図るよう努力していかなければならない。後ほどお披露目がありますが、新しい連合会旗の下、和やかに、開かれた県人会になるよう皆様のご協力をお願いしたい。」とあいさつ。

    DSC02298.JPG DSC02303.JPG

     来賓の飯泉嘉門知事は、関西広域連合におけるふるさと徳島の役割、文化発信力の強化、世界とのかかわりを展開している徳島ならではの施策に触れ、「県人会も60周年を機に新しい暦を刻み、日本の閉塞感を打ち破る大きなきっかけにしてほしい。」とあいさつ。

     続いて、岡本富治県議会議長は県議会の役割と上勝町で全国棚田サミットが開催されることを紹介し、「ふるさとを大事にし、もっともっと良くしたいという想いで、ふるさと徳島の良さを皆さんの力で宣伝してほしい。」とあいさつ。

     引き続き、来賓紹介、祝電披露、議事報告があり、新しい連合会旗のお披露目がありました。

     デザイン審査委員会の岩浅義昭委員長(副会長)から、公募作品の審査経過報告に続き、壇上中央に移動した掲示台両サイドに中谷会長、飯泉知事が立ち、司会者の「はい、どうぞ!」という掛け声に合わせて、紅白のロープが引かれカバーされていた白布が落ちて新連合会旗のお披露目となりました。

    DSC02315.JPG DSC02319.JPG

     創立60周年に因み、役員等を中心に72名の方に感謝状贈呈があり、各地域から推薦された功労者にも表彰状と記念品が中谷会長から贈呈されました。(知事を囲んで記念撮影)

    DSC02340.JPG


     「県人の集い」は12時30分開始。

     創立60周年記念実行委員会の森上修委員長(副会長)から、地元の市町から観光・物産の出展協力をいただいた手作り企画の紹介があり、「ゆっくりくつろいで、できるだけ沢山のふるさと特産品を買ってほしい。」と御礼のあいさつ。

    DSC02261.JPG DSC02265.JPG

     ≪鳴門市、小松島市、阿南市、吉野川市、美馬市、三好市の6市と、勝浦町、神山町、牟岐町、美波町の4町による展示即売会が会場入り口付近のロビーで午前10時〜午後4時開催≫


     徳島少年少女合唱団の天使の歌声で開会となりました。
    徳島市から駆けつけてくれました団員は42名。来年、バチカン・ローマ法王庁に招待されて「ローマ法王謁見・東日本大震災復興祈願ミサ」に日本代表として特別出演される予定もあり、数々の賞を受けているすばらしい合唱団の歌でした。

    DSC02363.JPG DSC02377.JPG

     乾杯は、土井平一神戸徳島県人会会長の発声。
    しばしの会食の後、河内家菊水丸による「徳島県人会音頭〜60年の歩み〜」の講演があり、引き続いて、初の「阿波踊り三連」(なにわ連・大阪天水連・南大阪連。総数85名)による共演があり、狭い会場いっぱいによしこのが鳴り響きました。

    DSC02404.JPG DSC02420.JPG DSC02441.JPG DSC02445.JPG

     午後2時40分、岩浅義昭副会長の謝辞により中締め。

    その後、賞品576本という≪大抽選会≫に移りました。会長賞を含む重賞賞品には二度のチャンスがあるという抽選会となり、参加者は最後まで楽しみました。抽選終了は午後4時30分。

    DSC02456.JPG DSC02458.JPG

  • 新しい「連合会旗」のデザインが決まりました

     創立60周年記念事業の一環として、当連合会旗のデザイン更新するにあたり作品を公募いたしましたところ、短い募集期間にも拘わらず、全国から多数の作品が寄せられました。ご応募いただいた皆様、ご協力ありがとうございました。

     7月末締切後、「デザイン審査委員会」(7委員、3オブザーバーで構成)において、8月4日、8月18日の2回にわたり慎重審査の結果、浅野政則氏(広島県在住)の作品を部分修正し決定しました。

     審査は「徳島性」、「デザイン性」、「普遍性」の三要素を中心に議論を重ね審議いたしました。

     なお、新しい「連合会旗」は、9月11日開催の「創立60周年記念総会と県人の集い」の会場においてお披露目いたしますので、その後に公開いたします。ご了承ください。

  • 第3回阿波踊り見学ツアー 開催報告

      「とっても楽しかった!」

     今年で3回目となった阿波踊り見学ツアーは8月15日〜16日に実施しました。参加者は30名。(企画:当連合会。旅行実施:エアトラベル徳島)

     「阿波踊りの素晴らしさが良く解かった。景色を見る暇が無かったほど」とは、往路のバス車中で阿波踊りDVDを観た女性参加者の感想。
     その1日目は選抜(徳島市文化センター)と演舞場(藍場浜)での阿波踊りづくし。浴衣持参の参加者2名は、観覧の後、にわか連に参入して楽しんでいました。
     2日目は観光(藍の館、阿波十郎兵衛屋敷、霊山寺、OPとして渦の観潮船、大塚国際美術館)。

    11ツアー.JPG

      参加者のみなさん(阿波十郎兵衛屋敷で)

     うだるような猛暑の2日間でしたが、参加者から「阿波踊りをあんな近くで見られ、いろいろと観光もあって本当に楽しい二日間でした。ありがとうございました。」(女性)
    また「来年も実施するのでしょう?。娘を是非参加させたい。」(同)との感想が聞かれました。

  • 徳島青年会議所と交流懇親会開催 (青年部夏季総会)

      【青年部:平松剛治氏の報告】
     平成23年7月9日から7月10日、徳島市において徳島県人会近畿連合会青年部会夏季総会を行いました。

     [第1日目] 平成23年7月9日午後7時から市内にあるホテル白水園にて社団法人徳島青年会議所の皆様と交流懇親会を開催。
    参加者は青年会議所14名、県関係者7名と青年部は都合で参加できない方が多くあり6名の計27名。

     徳島青年会議所理事長の大島様の歓迎のご挨拶を頂き、徳島県企業局長、福田様の乾杯で始まった懇親会ですが、昨年に続き2回目の交流懇親会とあってスタートと同時に大いに盛り上がりました。

    CIMG1408.JPG CIMG1420.JPG
       あいさつする大島理事長                 和やかな雰囲気の懇親会

     前回の参加者も初参加の方も仕事、活動、ふるさと徳島の事を語り合い、笑い声や明るい話声が絶えない楽しい会となりました。あっという間に時間は過ぎ、青年部会後藤田会長の豪快な一本締めで中締めとなりました。その後、二次会、三次会と流れかけがえのない親睦を深めることができました。

     [第2日目]徳島県人会近畿連合会青年部会・(社)徳島青年会議所 交流ゴルフコンペ

    CIMG1456.JPG

     徳島市のサンピアゴルフクラブで交流ゴルフコンペを行いました。参加者15名。
    雲一つない晴天に恵まれ、前日の懇親会の和気あいあいムードのまま、皆、日頃の練習の成果を存分に発揮し、夏の照りつける太陽の下気持ちの良い汗を流すことが出来ました。
    優勝は青年会議所の藤井氏。(GROSS97、HD26.4、NET70.6)

     二日間を通じて「ふるさと徳島」の地で、たくさんの方々と親睦を深めることが出来ました。事前準備に奔走し、二日間にわたるサポートをして頂いた徳島青年会議所及び県関係者の皆様に心より感謝を申し上げ、ご報告とさせて頂きます。
     

  • 「平成23年役員会」開催  −講演会・懇親会も−  5/13

     「平成23年役員会」が5月13日(金)午後5時30分から、ハートンホール(貸会議室、大阪・心斎橋)で役員60名(委任状出席者23名)により開かれました。

     「役員会」は定刻5時30分に開会。冒頭、中谷会長は「本年は創立60周年を迎える。関西広域連合により県行政も新たな施策が打ち出されるのではないか。県人会のあり方、運営についても検討しなければならない時期にきていると思うので、改善点があれば議論していただきたい」とあいさつ。

    11役員会?.jpg 11役員会?.jpg

     あいさつをする中谷会長(左)と加藤本部長(右) 
     
     続いて本年5月に着任した加藤秀典徳島県大阪本部長は「県人会60周年記念の節目にあたり数々の取り組みが予定されていますが、県としても皆様方といっしょに取り組んでまいりたい。また、機構改革に伴い大阪本部となり、関西広域連合に対する基点の役割、これまで以上に県人ゆかりの連携、徳島農産物ブランド力の機能向上に努めることになりますのでお力添えをお願いしたい」とあいさつ。

     会則により中谷会長が議長を務め議事に移りました。

    報告事項では、平成22年度事業報告、同収支決算報告、監査報告を全会一致で承認し、決議事項では、平成23年度事業計画、同収支予算の承認、役員選任等について、原案どおり承認可決されました。
     
     なお、創立60周年記念事業については、〇記念総会と県人の集いの開催、〇連合会旗の更新、〇記念誌の編纂、〇ゴルフコンペの開催 等が承認されました。

    11役員会?.jpg 11役員会?.jpg

        講演する柳澤氏と参加者

     【講演会】

     引き続き会場を移し、午後6時30分過ぎから「講演会」を開催。本部会員、ふるさと会のメンバー15名が参加。

     演題は「港から見た食と農」。講師は柳澤 尚氏(元神戸税関。近畿神山会長)。柳澤氏は日本の危機的な食料自給率にはじまり、輸入食材の安全性、関税率、ひいては栄養学的見地から地産地消の有効性などに触れ、多岐にわたる内容の講演をされました。
     参加者は提供された各種資料にメモをとったり、熱心に聴き入っていました。

     【懇親会】

     講演会終了後、午後7時40分から会場を移動して懇親会を開きました。
    乾杯のご発声は岩浅副会長。約1時間にわたり参加者一同親睦を深めました。

    11役員会?.jpg 11役員会?.jpg

      乾杯で挨拶する岩浅副会長

  • 平成23年度春季総会開催 (青年部会)

     青年部会春季総会及び研修会が、平成23年4月12日(火)午後6時30分から五島光倍顧問(阪急ジョブ・エール社長)のご好意により、同社の研修会場で開かれました。参加者は19人。

            11春青年総会5.JPG

     総会議事では「夏季総会」を7月上旬にJC徳島(徳島青年会議所)と交流を図るため徳島市で開催する、「冬季総会」を12月16日に開催することを決めた後、研修会に移りました。

     講師は五島顧問。テーマは『リスクは現場で起きている!—知っておくべき危機管理とコンプライアンス—』。企業における危機管理の重要性について、事例を基にユーモアを交えたお話でした。
     参加者からは「リスクに対する現場とトップの意識共有の大切さ、顧客、マスコミ対応の重要性がよく判った」という感想が聞かれました。

     約70分の講演の後、レストランに移動し懇親を深めました。

             11春青年総会6.JPG

  • 平成23年新年互礼会開催  創立60周年記念事業にご協力を!

     平成23年1月8日(土)午前11時30分から、ラマダホテル大阪で恒例の「新年互礼会」が開かれました。
     今年の新年互礼会は、厳しい寒さが少し緩み快晴に恵まれました。里見副知事、川真田吉野川市長、俵三好市長をはじめ多くの来賓をお迎えし、会員・役員総数95人が参加。新春にふさわしい新年互礼会となりました。

    DSC05739.JPG

         年頭挨拶する中谷会長

     年頭の挨拶で壇上に立った中谷会長は、賀詞の言葉に続き「近畿連合会は今年創立60周年を迎えます。永い歴史と輝かしい実績を残してきた先輩達が続けていただいた県人会を我々は立派に引き継いで、これからも開かれた活力ある県人会になるよう努力したいと思いますので、本年もどうぞよろしくお願いします。」とあいさつ。

     また、創立60周年記念事業について、中谷会長は「実行委員会で検討中ですが、心に残る事業を実施しようと、これまでいろいろな人に育てられ、暖かいご協力をいただいてきましたので、その御礼と、昨年末に関西広域連合が設立されましたので、この機会に県人会が飛躍し、と同時に徳島県の良さ、活力、特色をしっかりと啓蒙できるような記念事業にしたいと思います。具体的になればご案内しますので、本日お集まりのみなさんはもとよりお知り合いを誘って参加していただきたいと思います。」と協力参加を呼び掛けました。

    DSC05747.JPG

          挨拶する里見副知事

     来賓挨拶では、里見副知事は「近畿連合会が60周年を迎えるにあたり、県としても出来るだけの協力をさせていただく」と述べ、徳島阿波おどり空港の拡充効果と中国観光客取込み戦略、高速道路料金の折衝状況、関西広域連合に触れ、徳島オンリーワン計画をより一層応援てほしいとあいさつ。

    DSC05750.JPG DSC05752.JPG

    (左)挨拶する川真田吉野川市長        (右)俵三好市長

     川真田市長は美郷の梅酒特区と後藤田正晴顕彰碑の竣工を紹介され、俵市長は「にし阿波観光圏」の魅力を中心にあいさつされました。

     来賓のご紹介、祝電披露の後、新春の舞は天羽祥瑞さんによる「紀伊国屋文左衛門」。参加者は素晴らしい舞台に大きな拍手を送っていました。

    DSC05757.JPG DSC05762.JPG

    (左) 乾杯の挨拶をする篠塚清顧問       (右)中締め挨拶をする伊丹幸典副会長

     乾杯のご発声は篠塚清顧問。
    篠塚顧問は乾杯挨拶で「政治は経済のためにある。経済が良くならなければどうしようもない。」江戸期に藍で栄えた蜂須賀藩政に触れ、「ふるさとが元気で安定的に発展することと県人会が和をもって更に発展することを祈念する」とスピーチ。
    吉野川市ご提供の梅酒で高らかに乾杯を唱和しました。

    DSC05764.JPG

       阿波踊り「なにわ連」のみなさん

     しばしの歓談・会食の後、伊丹幸典副会長の中締め挨拶に続き「なにわ連」による阿波踊り披露。終盤の総踊りでは参加者も踊りの輪に。午後2時前に散会となりました。

  • 「第3回関西すだち会」ゴルフコンペ 11/11開催

     11月11日(木)東城陽ゴルフ倶楽部において「第3回関西すだち会」を開催しました。
    雲ひとつない秋晴れに恵まれ、参加者19名は心地よい汗を流し楽しい一日を過ごしました。

     夫人同伴の会員もあり女性参加者は5名。華やいだ雰囲気の中、懇親パーティーの開会にあたり「次回は参加者を増やすよう努力したい」と近藤貞夫事業委員長のあいさつがありました。優勝は南山智秀氏(連合会会員。グロス83、HD9.6、NET73.4)。

    第3回すだち会67.JPG

      スタート前に勢揃いした参加者

    第3回すだち会79.JPG

      近藤委員長(連合会副会長)から優勝トロフィーを受ける南山智秀氏(右)
     

  • '10定期総会と県人の集い  494人親交を深める  9/12

     「'10徳島県人会近畿連合会定期総会と県人の集い」が9月12日(日)、ホテルニューオータニ大阪・鳳凰の間に来賓を含め494人が集い開催されました。

    DSC_0461(1).JPG

       中谷会長あいさつ

     残暑が厳しいこの日、参加者はそれぞれのテーブルに着席。定刻の午前11時を少し過ぎて開会。冒頭、中谷会長は「来年は60回目の大きな節目を迎えることになりますが、みなさんのご支援とご協力のお陰。交流を密にしてさらに発展させ、青年部が原動力となるよう期待したい」とあいさつ。

    DSC_0467.JPG

        飯泉知事あいさつ

     続いて飯泉知事は徳島など7府県が参加する関西広域連合の動きに触れ「徳島県は近畿との連係をさらに強めていくことになるので、さらなる協力をお願いしたい」とあいさつ。

     国会議員のあいさつ、来賓でお迎えした市町長、県人会長のご紹介があり、祝電披露、議事報告、功労者(18名)表彰・記念撮影と続き、滞りなく総会終了。

    DSC_0522.JPG

      功労者表彰・知事、会長と記念写真 

     第二部は「県人の集い」。
    栗山和義奈良徳島県人会長のご発声で乾杯。食事とアトラクションを楽しみながら、親交を深めました。
     クライマックスはこの夏、県外連で初優勝した大阪天水連の阿波踊り。総踊りでは“ぞめき”で盛り上がっていました。

    DSC_0588.JPG

       総勢47名による大阪天水連の阿波踊り 

     近藤貞治副会長の謝辞に続き、空くじなしの抽選会に移り、参加者みなさん大いに楽しみました。

     *会場の雰囲気は「アルバム」をご覧ください。

  • 第2回 阿波踊り見学ツアー 「堪能しました」

     昨年に続き、≪夏本番 阿波踊り見学ツアー≫を実施しました。(企画・当連合会。旅行実施・エアトラベル徳島)

     8月15日(日)〜16日(月)一泊二日のバスツアーです。大阪梅田発〜明石大橋〜徳島へ。初日は徳島市文化センターで「選抜阿波踊り」を観賞、宿泊ホテルで小休憩後、午後6時から市役所前演舞場の桟敷席で約2時間、最高潮に達した阿波踊りを見学しました。

    ≪ぞめき≫に酔った70代の男性参加者は「本場の阿波踊りは素晴らしい。堪能しました。」と述べていました。

     二日目は、藍の館、渦の道、ドイツ館等を観光し夕刻大阪梅田着。参加者は24名。

    第2回阿波踊りツアー.jpg

     第2回阿波踊り見学ツアー参加者のみなさん(ドイツ館で)

  • 青年部会 (社)徳島青年会議所有志と交流会開催

     「青年部会」が発足して1年余。去る7月31日、青年部会活動方針の1つである「ふるさと徳島を知る」ため、(社)徳島青年会議所の有志の皆様との交流会をふるさと徳島において開催致しました。
     参加者は24名(内青年部会のメンバーは8名)
    以下は参加したメンバーから寄せられたリポートです。

    【ゴルフコンペ】
     徳島市入田町のサンピアゴルフクラブにおいて、徳島県人会近畿連合会青年部会・(社)徳島青年会議所有志との間で交流ゴルフコンペを行いました。

    CIMG0935.JPG

     ≪スタート前に集合した参加者≫

     当日は天気にも恵まれ、(社)徳島青年会議所の松家秀樹理事長の快音響く始球式でスタート。
     終始和やかな雰囲気の中、それぞれ日頃の練習の成果を存分に出しきり、気持ちの良い汗を流せたゴルフ交流会でした。
     結果は懇親会で発表され、 (社)徳島青年会議所の波越憲一氏が見事優勝。トロフィーと景品が贈られました。

    CIMG0958.JPG

     <表彰式で松家理事長(右)からトロフィーを贈呈される波越氏(左)>

     【懇親会】
     サンシャイン徳島アネックス(徳島市)に会場を移し、19時から懇親会が開かれました。
     ご多忙にも拘わらず、歴代の徳島県大阪事務所長・福田商工労働部長、佐野総合政策局総局長、細井医療政策局総局長の方々がご臨席くださいました。
     
     (社)徳島青年会議所松家理事長及び青年部会後藤田会長から、それぞれ代表者あいさつがあり、続いて福田商工労働部長様のご発声で乾杯。

    CIMG0947.JPG

     <乾杯のお言葉を述べられる福田商工労働部長>

     コンペ成績発表では(社)徳島青年会議所の藤井総務委員長と青年部会の近藤副会長の名司会により、会場は大盛り上がりでした。

     笑いあり、時には真剣な意見交換等も行われ、楽しいムードの中、大いに親睦を深めることができました。

     (社)徳島青年会議所の大島副理事長による締めのお言葉を頂き、大盛況のうちに交流会はお開きとなりました。

     (社)徳島青年会議所の皆様、及び開催準備のサポートをしていただいた県関係者の皆様に心より御礼申し上げ、リポートを終了します。
     
                 <リポーター>
                                     徳島県人会近畿連合会
                                       青年部会 平松剛治




     

  • 「第2回 関西すだち会」 ゴルフコンペ 5/22 開催 

     5月22日(土)、茨木高原CCにおいて「第2回関西すだち会」を開催しました。
    絶好の天候に恵まれ、参加した25名のメンバーは和気藹々の楽しい一日を過ごしました。

     今回の初参加者は15名。優勝は近藤貞治氏(連合会副会長。ネット72.8)。京都、堺県人会をはじめ、ふるさと会、青年部のメンバーが日頃鍛えたスイングを披露しました。

     次回「第3回関西すだち会」は、平成22年11月11日(木)に東城陽CCで開催します。多数のゴルファーの参加をお待ちしております。

    CIMG0814.JPG

     スタート前に勢揃いした参加者のみなさん

    CIMG0823.JPG

     懇親パーティーで乾杯

    CIMG0829.JPG

     中谷連合会会長から優勝トロフィーを受ける近藤貞治氏(右)

  • 「 平成22年 役員会 」 開催

     5月14日(金)午後5時から、ハートンホール(大阪・心斎橋)で役員56名(委任状出席者21名を含む)により「平成22年役員会」が開かれました。

     会議は定刻5時に開会、中谷連合会長の挨拶に続き、本年4月に着任した石井一徳島県大阪事務所長の挨拶(県政紹介)の後、議事に入りました。

    DSC00044.JPG

     役員会で挨拶する中谷会長

    役員会790.jpg

      石井所長の挨拶

     今回の役員会は、昨年抜本的に改訂された会則による初めての役員会であり、平成21年度事業報告、及び同収支決算書では多岐にわたる活動内容が報告され、また、平成22年度事業計画案、及び同収支予算案でも前向きな提案がありました。

     引き続き審議された役員選任、総会開催要領の議案についても原案どおり承認可決され、午後6時に閉会しました。

     なお、議案のうち総会開催要領(総会と県人の集い)では、若い方が参加し易い県人の集いになるよう工夫をしてほしいとの意見がありました。

    (平成22年度事業計画、及び役員名簿は別項で掲載します。クリックしてご確認ください。また平成21年度事業報告、同収支決算書は9月開催の「総会と県人の集い」で報告します。)

    【講演会】

     引き続き会場を移し、午後6時過ぎから「講演会」を開催。
    参加者は、本部会員、ふるさと会のメンバーを加え総数60名。演題は「信長の直前天下人 三好長慶」。講師は出水康生氏(戦国天下人「三好長慶」会代表。徳島市在住)。

    役員会800.jpg

     講演する出水講師。

    役員会799.jpg

     熱心にメモする参加者。

     三好市三野町芝生生まれの三好長慶についての講演会。
    「信長、秀吉、家康が強烈な印象のある戦国時代。それ以前20年間にわたって“天下人”だった三好長慶についての評価が皆無に等しい。」と出水講師。
     新たな歴史認識作業が進んでいる状況の説明に加え、ふるさと徳島が生んだ戦国武将の偉人・三好長慶の講演に、参加者一同、熱心に耳を傾けました。

    【懇親会】

     出水康生氏の元気ある講演の後、参加者全員による懇親会を開き、会食と歓談を楽しみました。

    役員会811.jpg

     歓談の輪があちらこちらに…

    役員会820.jpg

     拳(こぶし)上げて、気合を入れて … 元気に!!

    役員会 824.jpg

     参加者の皆さん (一部)

     平成22年の県人会活動の活性化と幅広い活動に向けて、力を合わせて取り組むことを誓い午後8時30分過ぎに散会しました。


     

  • 平成22年度青年部会春季総会&研修会を開催 (3/15)

     ようやく風薫る日が近づいてきた3月15日午後6時から、青年部会の春季総会&研修会が徳島県大阪事務所の5階会議室で開かれました。参加者は13名。

     以下、青年部会岡本事務局長のリポートです。

    【春季総会】 
     平成22年の活動内容の決定をしました。次回(7月。夏季総会)は徳島へ出かけ、青年会議所有志の方々と交流会を開催する予定です。

     今回、新たに1名がご入会・出席いただきメンバーがさらに増えました。
    最後に後藤田公一会長から、中谷連合会会長からご支援をいただいたことの紹介に続き、「22年度はより活発な活動で会員数の増加をみんなで実行し、楽しく・ためになる青年部会を作りましょう!」との活動方針が示され、出席者全員が賛同いたしました。

    研修会1.jpg

      講演する岩浅義昭社長

    【研修会】
     総会後引き続き、研修会を実施しました。
    研修会は青年部会の会員の研鑽を積むことを目的として今回第1回目を実施しました。

     講師は近畿連合会顧問を務められ、国際物流の事業を展開されている三統株式会社の岩浅義昭社長にお願いしたところ、快諾を頂き、実現したものです。

     岩浅社長は、徳島とのつながりの話から始まり、ダイナミックに変革する世界の「モノ」の流れは製造業の手法の変化へも影響を及ぼしている点や貿易業務に関する作業の多さ、日本と中国、韓国など我国と東アジア諸国のコンテナ取扱量のケタ外れの違いや、貿易のちょっとした変化が身近な製品にも大きく影響を及ぼすことなど具体的にお話され、私たちが普段知りえないような国際物流や貿易の一面を知ることができ、参加者一同、驚きと関心の目で食い入るように聞き入っていました。

     研修会終了後、後藤田会長より岩浅社長へ本日の御礼の挨拶をさせていただきました。

    研修会2.jpg

      研修会会場

    【懇親会】
     研修会終了後、近くの居酒屋に会場を移し、懇親会を開催いたしました。懇親会は8時半のスタートでしたが、研修会の余韻(熱気)がそのまま続き、徳島のこと、青年部会のことなどさまざまな会話で盛り上がり、散会したのはなんと午後10時半頃となりました。





     


     

  • 和やかに開催された 「平成22年新年互礼会」

     「平成22年徳島県人会近畿連合会新年互礼会」が、平成22年1月9日(土)午前11時30からラマダホテル大阪(大阪市北区)で開催されました。

    新年会(徳新)?.JPG

      挨拶する中谷会長

     参加者は、里見光一郎副知事、西沢貴朗県議会議長はじめ、稲田小松島市長、川真田吉野川市長、影治美波町長などの来賓を含め総勢107名でした。

     開会にあたり、中谷会長から「あけましておめでとうございます。まず、このように盛大に開催できたことに御礼申し上げます。昨年は、ホームページの開設、阿波踊りツアーの実施、ゴルフコンペの開催、青年部会の立ち上げ等を実施してきたが、今年は女性会員による活性化を図りたいので積極的な参画をお願いしたい。また、県人会は一人ひとりが運営に当っているつもりで今後ともお力添えをいただきたい。」と挨拶がありました。

    新年会(徳新)?.JPG

       挨拶する里見副知事

     引き続き、来賓の方々のスピーチに移り、里見副知事からは「ふるさと納税は2年目を迎えたが、4割以上が近畿圏を中心にした関係者です。心から感謝申し上げる。県も大変な時期だからこそ、飯泉知事の下、“ピンチはチャンス”と捉え、積極的に出来ることはやっていこうという姿勢で、経済雇用対策、新成長戦略に取り組んでいる。今年は、オンリー・ワン徳島第2幕の最終年度になるので、4年間の集大成ということで職員一丸となって頑張りたいので一層のご協力ご指導をお願いしたい」と挨拶があり、「徳島県の魅力をいろいろ情報発信し、各種イベントを準備しているので折々に来てほしい」と3回目を迎える「とくしまマラソン」等の紹介がありました。

    09新年会06.JPG

       会場風景

     また、西沢議長からは関西広域連合の動き、稲田小松島市長からは医療、福祉、子育てし易い街を目指していること、川真田吉野川市長からは一層の自助努力をしていること、影治美波町長からは「ウェルかめ」の効果を一過性にすることなく地域振興に繋げたい、とそれぞれ挨拶がありました。


     来賓のご紹介、祝電披露の後、天羽祥瑞さんによる新春の舞「七福神」が披露され、岩浅義昭顧問による乾杯があり、和やかな歓談が始まりました。

    09新年会16.JPG

       乾杯の挨拶をする岩浅顧問

     大阪天水連(廣田秀夫連長他)による阿波踊りの演舞が続き、終盤は参加者による総踊りとなって、後藤田公一副会長の謝礼挨拶の後、午後2時前に散会となりました。

    09新年会28.JPG

    09新年会30.JPG

      大阪天水連・廣田連長(右)とNHKテレビ小説「ウェルかめ」にヒロインの子供時代の友人役で出演した金子舞優名さん(13)。

  • 「青年部会」冬季総会開催 (懇親ゴルフ&総会忘年会)

     12月5日(土)、今春からスタートした青年部会(後藤田公一会長)は冬季総会を開催しました。
     今回は2部制の総会で「懇親ゴルフ」と「総会・忘年会」が開かれ、参加者は懇親の絆を深めました。
     以下は、青年部会から寄せられたリポートです。

    【懇親ゴルフ】 
     会場は東城陽ゴルフ倶楽部(京都府)、参加者は8名。
    RIMG0020.JPG
      ゴルフ参加のみなさん

     当日はあいにくの雨模様となりましたが、和気あいあいの雰囲気のなか、スタートしました。
     この雰囲気が天に通じたのか、天候は序々に回復に向かい、昼からは絶好のゴルフ日和となりました。メンバーそれぞれ時折笑い声が聞かれるなど、楽しいゴルフ交流ができました。
     なお、成績は夕刻から開催された総会&忘年会の席上で発表されました。
    RIMG0034.JPG
      優勝賞品を受ける近藤副会長(右)

     優勝は近藤誠一郎副会長。なんと自らが準備製作にかかわった記念すべき第一回優勝トロフィーを後藤田会長から受けました。また、他のメンバーの方も楽しい受賞商品を受け取っておられました。

    【総会&懇親(忘年)会】 
     会場はイタリア料理・ポモドーロロッソ(大阪市)、参加者は13名。

     本年最後の総会ならびに忘年会をかねて、午後6時30分から開催。青年部会の方針として、会場は徳島県(人)にゆかりのあるお店を回るということにしています。
     このお店は、自慢のピザを焼く窯に使用する薪を美馬市から取り寄せており、そんなご縁もあって青年部会の会場にさせてもらいました。
    RIMG0047.JPG
      美味しいイタリアンをいただきました

     総会は後藤田会長の挨拶から始まり、新たに入会された2名の方の紹介、ゴルフ表彰式、そして次回開催予定、及び今後の拡大活動について活発な意見や提案がありました。
     ピザやパスタそしてワインに舌鼓を打ちながら、会員間での楽しいひと時と交流が行われ、予定の時間をオーバーし午後9時まで歓談を楽しみました。(青年部会事務局記)
     

  • 「第7回四国4県県人会交流ゴルフ大会」 開催されました

     恒例の「四国4県県人会交流ゴルフ大会」は今年で7回目を数えます。
    好天に恵まれた去る10月14日、猪名川国際カントリークラブに各県県人会会員28名が参加し交友を深めました。

     当連合会からは、糸田川、近藤両副会長以下7名が参加。優勝者は中西 貴さん(香川県)、グロス80でした。当連合会参加者の上位入賞者は井上 章常任理事の4位でした。

     次回の幹事は近畿愛媛県人会です。

    四国四県ゴルフ.jpg

       参加者記念写真

  • 第1回 関西すだち会ゴルフコンペ 開催

     10月2日(金)茨木高原CCにおいて、27名の参加をいただき第1回関西すだち会ゴルフコンペを開催いたしました。
    あいにく当日は、朝から雨がふり、おまけに霧(ガス)のため視界が50〜60mという悪コンデションで、プレイは前半のみで後半は中止となりました。
    優勝者(ハーフ成績のみ)は藤原安雄さんでスコアは、この悪コンデションの中、41というすばらしい成績でした。
     (第2回開催は平成22年4月を予定しています。)

    すだち会全員_0235.JPG

      参加者のみなさん

    すだち会優勝_0273.JPG

      中谷連合会長からトロフィーを受ける優勝した藤原安雄さん

    すだち会近藤委員長_0324.JPG

     挨拶する近藤副会長(事業委員長)

    すだち会トロフイー_0315.JPG

      中谷会長から寄贈された優勝トロフィー。マスコットのすだち君が刻印されている。