新着情報

  • 2015年01月28日

    【ご案内】 とくしま移住セミナー&相談会   2/7(土)開催

     徳島県は「とくしま移住セミナー&相談会」を開催し、島・海・山ぐらしをご案内します。
     主な内容は、県内6つの地域(阿南市伊島、牟岐町出羽島、美波町、三好市、勝浦町、那賀町)から、実際に移住された方や、離島の島民、地域で移住支援に取り組む方たちがお話しします。

     また、個別相談会もありますので、ご希望の方は参加ください。(参加費無料)

     ■日時  平成27年2月7日(土)13:00〜

     ■会場  シティプラザ大阪 2階「朗」
            大阪市中央区本町橋2−31

     ■お問合せ・お申込み
            徳島県・地域創造課 ☎088-621-2701  
                 Email chiikisouzouka@pref.tokushima.lg.jp

             詳しくは ⇒ とくしま移住セミナーチラシ.pdf

  • 2015年01月26日

    「徳島交流大使」スキルアップセミナー   ≪ご案内≫

     徳島県大阪本部は、来る2月20日(金)午後3時30分から「徳島交流大使」を対象にしたスキルアップセミナーを開催します。

     このセミナーは徳島県の状況や新たな施策などについて理解を深め、徳島県のPRに資する目的で開催されるものです。

     県人会会員のみなさんには既にご案内済ですが、改めてご案内します。

    ◆日時  平成27年2月20日(金)午後3時30分〜午後5時30分

    ◆場所  ハートンホール 「ハマナス」
          大阪市中央区南船場4−2−4 日本生命御堂筋ビル12階

    ◆内容  (1)講演 「阿波人形浄瑠璃と十郎兵衛」 とくしま学博士 郡 俊明氏
           (2)関西ワールドマスターゲームズ2021について
           (3)徳島県の現状と新たな取組みについて

    ◆参加ご希望の方は、事前に以下の出欠用紙をプリントしてFAXで2月6日までにお申込ください。

    2015交流大使セミナー.pdf   申込書.pdf

  • 2015年01月19日

    第3回とくしま歴史講座に120人  1/18(日)開催

     近畿とくしま歴史講座『戦国武将三好一族に学ぼう』第3回が、1月18日(日)午後2時から大阪歴史博物館(4階講堂)で開かれ、120人の三好一族フアンが詰めかけ天野忠幸講師(関西大学非常勤講師)の話に聞き入りました。(主催:徳島県人会近畿連合会)

    15歴史講座?10.JPG 15歴史講座?13.JPG

       あいさつする木岡会長                  120人が埋め尽くす

     第1回(昨年8月23日)、第2回(同10月25日)開催と同様、主催者の木岡清会長の開会挨拶に続き、唄「我等の長慶公」と詩吟「點眼香語」の披露がありました。
     唄では「三好芥川城の会」(高槻市)メンバーも加わり、参加者の手拍子、そして歌い終わった時には鬨の声で盛り上がっていました。


     今回に演題は「三好氏の畿内進出」。天野講師は学位論文『戦国期畿内社会と三好政権』で博士学位を持つ三好一族研究の第一人者。

    15歴史講座?42.JPG 15歴史講座?18.JPG

         天野忠幸講師                    「我等の長慶公」を熱唱

     準備された資料(A4版、全12ページ)をもとに130分にわたり判り易く講演され聴衆を魅了しました。
     講演後の質問もあり、関心の高さが窺え時間が足りない状況でした。
    主な講演要旨は次のとおり。(レジメから摘記)

     1.はじめに〜三好長慶はどうイメージされてきたのか?〜
     2.三好氏はどのように畿内へ進出したのか?
     3.三好氏と細川氏・足利氏の関係は?
     4.三好氏が後世に残した影響は?
     5.おわりに〜長慶に学ぶ〜

     

  • 2015年01月14日

    新春を祝う — 平成27年新年互礼会 —

     徳島県人会近畿連合会の新年互礼会が、1月10日(土)午前11時30分から大阪新阪急ホテルで、来賓、会員を含む90名が参加し開かれました。

     木岡清連合会会長は年頭挨拶で、昨年の災害とその危機管理の難しさ、そしてノーベル物理学賞にも触れ、午年を総括した話に続き「今年は未のようにゆっくり着実に歩を進めたい」と話し、三つの提案がありました。「・県人会に新しい人を迎えいれるために共に汗をかこう。・“すだちくん”に役割を持たせ全国展開しよう。・三好一族の顕彰活動を広めよう。みなさんのご参加が大きな力になりますのでご協力を」と述べました。

    P1050186.JPG P1050190.JPG

      年頭の挨拶をする木岡会長                   会場模様

      続いて豊井泰雄徳島県政策監は、甲子園激励、阿波踊りツアー・踊り込み、三好一族歴史講座、母子慕情共催などふるさと徳島のために支援・協力している連合会に謝辞を述べられた後、県政の状況を説明し「知恵は地方にあり、ということを具現化する施策を打ち出して行きたいのでご支援ご協力を」と挨拶されました。

      森田正博県議会議長は、「皆様の知恵を拝借し、議会としても徳島の発展に尽くしたい」と述べ、黒川征一三好市長は妖怪サミット開催効果、ゲリラ豪雪の危機管理及び有効求人倍率が改善していることを紹介し「三好市を元気に再生して行きたいのでお力添えを」、続いて、前田恵海陽町長は「やる気・知恵・才覚を出して頑張る。アイデアを貸してほしい。5月には関西ふるさと会を立ち上げたい。」とそれぞれ祝辞挨拶をいただきました。

    P1050196.JPG P1050199.JPG

        豊井徳島県政策監                    森田県議会議長

    P1050204.JPG P1050206.JPG

         黒川三好市長                  前田海陽町長

     その他の来賓ご紹介、祝電披露(15件)の後、新春の舞「七福神」が天羽祥瑞さんにより披露されました。

     平田彰三郎顧問による乾杯のご発声により祝宴に移りました。
    和やかな歓談でにぎわいましたが、しばしの時間をおいて、近藤誠一郎青年部会長の「青年部に二世、三世の新規会員をご紹介してほしい」とPR挨拶があり、梅后流舞踊「かっぽれ」の舞台披露がありました。

     山本一人副会長による中締め挨拶に続き、なにわ連による阿波踊りが披露され、終盤には総踊りで盛り上がりました。散会は午後2時前でした。

    P1050219.JPG P1050245.JPG

        新春の舞「七福神」                  舞踊「かっぽれ」

       
    DSC03784.jpg DSC03792.jpg

        なにわ連の阿波踊り                  会場いっぱいで総踊り

  • 2015年01月08日

    やまびこ№64

    桜陵会近畿支部(徳島県立池田高校同窓会。支部長・谷内秀美、会員2,200人)から、平成27年1月1日付発行の機関紙「やまびこ」№64が届きました。
     (「やまびこ」はB4判。2〜4ページ。1月、7月の年2回発行。近畿地区在住の会員に郵送されている。)

    やまびこ№642.jpg やまびこ№641.jpg

    【事務局より】同窓会、ふるさと会等で発行している機関紙がありましたら、連合会事務局まで送付してください。

  • 2014年12月27日

    「記憶に残る試合を」  徳島科技高校ラグビー支援

     近畿連合会は、12月26日午後、第96回全国高等学校ラグビー大会に出場する徳島科学技術高校(旧徳島工業高校他。平成21年創立)ラグビー部を大阪市内の宿泊ホテルに訪ね応援激励しました。徳島科技高校は徳島工時代の1976年以来38年ぶり4度目の出場。

     31人の部員を前に木岡清近畿連合会会長は「試合は勝敗がつきものだが、記憶に残る試合をしてほしい」と挨拶。激励金を國方監督に贈呈しました。
     試合は一回戦、日本航空高校石川と27日対戦。

    ラグビーDSC03718.jpg

    ラグビー部員を前に挨拶する木岡会長

  • 2014年12月26日

    徳島ビジネスフォーラムin大阪   〜1月28日開催〜

     徳島県では、LEDの世界最大級の生産拠点や全国屈指のブロードバンド環境といった強みである「2つの光〜LEDと光ブロードバンド〜」を活かして、LED関連産業、情報通信関連産業、クリエイティブ産業及び中山間地域へのサテライトオフィスの集積に取り組んでいます。 (パンフから抜粋)

     【進化する2つの光王国・徳島】の企業誘致セミナーです。

     ●開催日時 平成27年1月28日(水)14:30〜17:50(受付開始13:30〜)

     ●会  場 ホテル阪神

     ●主  催 徳島県

     ●その他  入場無料。事前申込が必要です。期日は1月23日(1/5から受付開始)。定員200名。
         
    詳しくはこちら ⇒ 「徳島ビジネスフォーラム」http://www.tokushima-bf.com/

         

    .jpg 2015ビジネスフォーラム裏.jpg

  • 2014年12月10日

    第3回 「近畿とくしま歴史講座」 開講します  1/18(日)

    【近畿とくしま歴史講座】第3回は講師:天野忠幸氏(関西大・滋賀短大非常勤講師)による『三好氏の畿内進出』。(主催:当連合会)

     講座内容は、「阿波守護細川氏の家臣であった三好氏が、どのようにして畿内へ進出できたのか。京兆家を継ぐことになった細川氏との関係及び畿内に残した影響を探ります。」(案内チラシより)

     ふるさと徳島の歴史(郷土史)を学びませんか。開講概要は以下のとおりです。


     ●開講日時 平成27年1月18日(日)14:00〜16:30 (受付は13:15から)

     ●会  場 大阪歴史博物館(講堂)
             大阪市中央区大手前4−1−32 (NHK大阪放送局横)

     ●参加費  ¥500−(資料代)

     ●その他  ・どなたでも参加できます。(事前申込み不要)

           ・第1回は8月23日、桧本多加三氏(桃山学院大非常勤講師)による
            『三好一族の歴史的評価』。
            第2回は10月25日開催した古野貢氏(武庫川女子大講師)による
    『阿波での三好氏の動向』。
            いずれの資料もご希望の方に差上げます。
            (先着順。部数に限りがあります)

    【 講座案内ポスター 】

      DポスターSC03549.JPG

  • 2014年12月08日

    平成26年度神戸徳島県人会総会  12/6開く

     神戸徳島県人会(会長:土井平一)は、12月6日(土)12時から、パレス神戸で総会兼忘年懇親会を開き会員ら57名が参加しました。


     土井会長は「阪神淡路大震災以降、会員数が激減したが、みなさんと協議しながら時代にあった会にしたい」とあいさつ。

     続いて豊井泰雄徳島県政策監と木岡清徳島県人会近畿連合会会長から、それぞれ祝辞あいさつがありました。

     懇親会(忘年会)では、舞踊、カラオケ、神戸楠公連による阿波おどりなどで盛り上がり親睦を深めました。

    14神戸県人会01.JPG

      あいさつする土井会長

    14神戸県人会77.jpg 14神戸県人会78.jpg

         豊井徳島県政策監                   木岡近畿連合会会長

    14神戸県人会87.jpg 14神戸県人会90.jpg

     
           楠公連のみなさん                   会場で総踊り

  • 2014年12月05日

    第9回「徳島交流大使会議」参加報告

      第9回「徳島交流大使会議」は平成26年11月29日(土)〜30日(日)にわたり徳島市で開かれました。
     会場は、ホテルグランドパレス徳島。参加者は交流大使15名と徳島県関係者の計23名。主なスケジュールは、1日目は四国八十八箇所霊場開創1200年記念講演・意見交換・懇親会・会議、2日目は参加希望者による徳島東部地域視察・観光。

     徳島県人会近畿連合会からは6名の交流大使が参加しました。
    以下は、徳島交流大使 鶴本照啓(近畿かつうらふるさと会会長)さんの参加報告です。

    P1030126.JPG P1030117.JPG

    徳島交流大使会議会場               意見発表する参加者(近畿連合会)

     
     交流大使を委嘱されて数年、名刺を頂いたことが動機付けになり「大使としての自覚」を少しは持っているつもりです。ただ、その使命(目的)に沿った具体的な行動は難しいのが実感ですが、今回の「第9回交流大使会議」に参加して少なからず有効な情報の仕入れが出来たことは確かです。以下に所感を報告します。

    1.徳島県のPR・紹介では、近年必ず四国遍路(四国八十八箇所)の話題が登場する。その意味でも冒頭にあった長谷川賢二氏の「四国遍路のあゆみ」は大使の“喋り場情報”として大いに参考になりました。

         
    2.徳島県の観光・物産、農林水産等の“施策”説明では、盛りだくさんの説明が短時間であり、理解・飲込みが不十分であったのは私だけでしょうか。ここでは目白押しの観光トピックス、多くの催しについて自らの認識不足に若干戸惑いを感じました。⇒県の総合政策として多くのIdeaで各種行事が計画されておりますが、そのPRや遂行に当たってはより効果的な方法を検討されたい(どれだけの人に知れ渡っているのか、集客は十分か?)。


    3.交流大使の活動・意見交換では甚だ時間不足であった。「交流大使の平均年齢は70歳を超えている筈?もっと若手をどんどん勧誘すべきだ」との意見もあったが「近畿の各ふるさと会」でも、若手の勧誘が難しく、例えば60歳以下の若手?会員が少なくなっているのが実態。 交流大使を職業とするならともかく、若手の勧誘は難しいだろうとの思いは強く残る。              

    4.後期高齢者の範疇にある我々が「聞いて覚えて記憶に残す(机上勉強)は難しい」しかし「観て聞いて共感したもの(体感)は記憶に残り易い」。そういう意味で30日のオプションツアーは交流大使スキルアップに有効な手段と思われる。
     

  • 2014年11月28日

    近畿美馬市ふるさと会第9回総会及び懇親交流会  121名集う

     近畿美馬市ふるさと会第9回通常総会が、平成26年11月22日(土)午前11時から、大阪市都島区の太閤園において、美馬市長、美馬市議会議長、徳島県大阪本部長、徳島県人会近畿連合会会長などの来賓を含む、121名の参加者により盛大に開催されました。

    近畿美馬市ふるさと会は平成18年11月に設立し、9年目を迎えた今年の通常総会では、事業報告、事業計画及び新役員体制が確認され、新会長の松家和由さん(兵庫県在住、木屋平出身)から就任のあいさつがありました。また、特別報告として、10月に開催されたふるさと体験交流事業での「四国霊場巡り」や「新庁舎見学会」などの報告も行われました。

     懇親交流会では、中村自治会(美馬市穴吹町小島)による中村こもり踊り(廻り踊り)やふるさと産品の抽選会、みまっこ育成へのチャリティー募金やなにわ連(大阪市)による阿波踊りが行われ、今年も「ふるさと」、「赤とんぼ」を全員で合唱しました。

    また、会場入口付近では、美馬市の特産品の売店が設置され、ふるさとの懐かしい食べ物や美馬市の特産品などを買うことができました。また、会場内では、会員の趣味のコーナーが設けられたほか、美馬市でその日の朝作った豆腐の湯豆腐やこんにゃくの田楽がふるまわれるなど、楽しいひと時となりました。

    チャリティー募金で集められた寄附金は、松家新会長から牧田市長に手渡され、最後に栗栖副市長の発声で万歳三唱を参加者全員で行い、閉会しました。(近畿美馬市ふるさと会事務局:金原永茂記)


    IMG_5468.JPG IMG_5490.JPG

    大山会長のあいさつ                  松家新会長の就任あいさつ


    IMG_5503.JPG IMG_5528.JPG

     牧田市長の祝辞                    木岡県人会近畿連合会会長の祝辞

    IMG_5558.JPG IMG_5741.JPG

    美馬市穴吹町中村自治会の中村こもり踊り            阿波踊り「なにわ連」

    IMG_5755.JPG IMG_5766.JPG

    「ふるさと」「赤とんぼ」を合唱               栗栖副市長による万歳三唱

  • 2014年11月26日

    【ふるさと探訪】“怪フォーラムin徳島”に参加  三好ふるさと連合会

     近畿三好ふるさと会連合会(会長:森上修。近畿山城大歩危会、平家の郷かずら橋会、近畿阿波池田、近畿井川、近畿三野ふるさと会で構成)は、11月22日(土)〜23日(日)の2日間にわたり「ふるさと探訪交流会」を開催。近畿在住の会員57名が“怪フォーラム”と“妖怪まつり”に参加し交流を深めました。

     今回で6回目のふるさと探訪交流会。三好市大歩危の「ホテル大歩危峡まんなか」で開かれた怪フォーラムin徳島では、お化け大学校(京極夏彦氏、小松和彦氏、荒俣宏氏による3講座)および、徳島・飯泉知事はじめ鳥取・林副知事、岩手・達増知事によるトップセールスがありました。

     また、第14回妖怪まつりの会場では、家族連れを含む約4000人の参加者が集い、妖怪たちと記念写真を撮ったり、妖怪鍋に舌鼓をうって賑わっていました。
    「妖怪伝説を地域おこしに生かしている“ふるさと情報発信パワー”を再認識しました」(男性参加者)

    D全員SC03635.jpg D妖怪SC03629.jpg

     参加者のみなさん(あわの抄で)       妖怪トロッコ列車で大歩危峡を観光(1日目)

    DS妖怪C03645.jpg D知事SC03664.jpg

      妖怪まつり会場(2日目)              マスコミの取材を受ける飯泉知事               

  • 2014年11月25日

    平成27年新年互礼会のご案内   【1月10日(土)開催】

     徳島県人会近畿連合会「平成27年新年互礼会」は、以下のとおり開催します。お誘い合わせの上参加ください。

     ◆開催日時 平成27年1月10日(土) 午前11時30分〜午後1時30分

     ◆会  場 大阪新阪急ホテル 2階「花の間」
              大阪市北区芝田1−1−35
               (JR大阪駅、阪急梅田駅、地下鉄梅田駅すぐ)

     ◆会  費 ¥10,000-

     ◆そ の 他 参加希望者は事前に(12月19日までに)事務局までお申込みください。

            詳しくは ⇒ 27年新年互礼会.pdf

  • 2014年11月13日

    “ええもんあるでぇ徳島” 物産展・商談会  11/28〜30

     徳島県商工会連合会(岡本富治会長、徳島市)は、大阪・梅田で物産展・商談会「阿波のおせったい」を展開します。

     出展者は徳島県下の24社(団体)。徳島の特産品の数々が展示販売されるほか、先着100名様(計10回)に無料で振る舞われる商品もありますので、この機会にお気軽にお訪ねください。入場無料。


     ■日時 平成26年11月28日(金)〜30日(日)11:00〜19:00 (最終日は〜16:00)

      
     ■会場 西梅田スクエア
           大阪市北区梅田3−2−4


      【チラシ】
     
       

    ええもんあるでぇ1.jpg ええもんあるでぇ02.jpg

  • 2014年11月11日

    阿波おどり 東大寺大仏殿奉納

     11月9日(日)奈良市の東大寺において「奈良県南部災害復興祈願 奉納阿波踊り」を行いました。

    14大仏殿奉納todaiji.JPG 142大仏殿奉納.JPG

     参加した阿波おどり連のみなさん            高張提灯のもとパレード奉納

    この奉納踊りのきっかけは、3年前のことです。
    あの東日本大震災のあった年、紀伊半島も観測史上最多の集中豪雨に見舞われました。
    死者行方不明者が50人を超え、いたるところでがけ崩れが発生、今も仮設住宅で暮らす人がいます。

     私たち、奈良徳島県人会阿波踊り同好会「「大仏連」は、相次ぐ自然災害のニュースを見て、何か自分たちも役に立てないか?と考え、世界遺産である「奈良東大寺」様にお願いをして、「大仏連の」の名付け親である大仏様のおひざ元で復興祈願の「奉納踊り」と義援金募集をさせてほしいとお願いをしました。

     東大寺様も快く引き受けてくださり、以来、毎年11月に阿波踊りを奉納して、会場で寄付金を募り、被害の大きかった奈良県十津川村に義援金を贈ってきました。

     今年も、奈良徳島県人会や徳島県大阪本部のメンバーにもサポートいただました。
    また、関西阿波おどり協会の仲間にも協力を呼びかたところ、京阪神から6連が参加、170名が、小雨が降る中、南大門から中門前までパレードしました。
     当日は、徳島新聞社をはじめマスコミも取材に来ていただき、NHKでも、夕方から深夜まで、数回ニュースで取り上げていただきました。

     義援金は12月6日、奈良県十津川村の届ける予定です。(奈良徳島県人会事務局長 本出良一記)

  • 2014年10月28日

    青年部会 徳島JCと交流

     青年部会(会長:近藤誠一郎、会員51名)は、10月18日(土)、徳島青年会議所(徳島JC)と交流会を開き会員5名が参加しました。

     徳島JCとの交流会は、平成22年から毎年徳島市内で開催しているもので、今回で5回目。(例年7月開催)
     意見交換・懇親会に続き、好天に恵まれた翌19日には、ゴルフコンペで親睦を深めました。優勝は徳島JCの三木宏晃氏(46-51G97)。

       
    14JC徳島コンペ.jpg

      親睦を深めたゴルフコンペ(サンピアGC)

  • 2014年10月27日

    「阿波での三好氏の動向」  第2回歴史講座開く  10/25

     第2回「近畿とくしま歴史講座」が10月25日(土)午後2時から、大阪歴史博物館(4階講堂)で開催され、歴史フアン90人が“ふるさと徳島”ゆかりの三好一族の動向に聞き入りました。(主催:徳島県人会近畿連合会)

     今回の講師は古野 貢氏(武庫川女子大講師)。
    約2時間にわたって「阿波の三好氏の動向」について、その歴史的経緯、権力的特質、そして、三好政権の位置づけを詳しく講演されました。「守護・細川氏がいながら力をつけた三好氏、人間的魅力いっぱいの人物であったことが窺えた」(60歳代の参加者)

    D講座SC03516.jpg D講座SC03519.jpg

       講演する古野講師                  熱心に聞く参加者

    本講演前に、第1回同様、「我等の長慶公」(唄)、「三好長慶公坐像 點眼香語」(詩吟)の披露があり、また講演後には、公開学習会「三好長慶と松永久秀in堺」(11/9開催)、歴史ウオーク「堺海船政所の検証・三好長慶公との邂逅・お身拭い」(12/7開催)(いずれも主催:堺・ちくちく会)について、紹介及び参加者募集の案内がありました。

     第3回(最終回)講座は、平成27年1月18日(日)午後2時から、今回と同じ会場で開きます。
    演題は「三好氏の畿内進出」。講師は天野忠幸氏(関西大・滋賀短大非常勤講師)です。是非、ご出席ください。(事前申込みは不要です。会費¥500ー資料代)

  • 2014年10月14日

    「徳島ヴォルティス」を応援しょう!   10/22(水)

     四国初のJ1に在籍する徳島ヴォルディスは、これまでは厳しい状況ですが健闘しています。

     来る10月22日(水)、セレッソ大阪と対戦するのに合わせ、「徳島観光物産キャンペーンin長居」を開催し、徳島物産販売、徳島県観光PRをはじめ「すだちくん」も応援に駆け付けます。徳島ヴォルディスの応援、よろしくお願いします。

     ◆開催日時  平成26年10月22日(水)16:00〜19:00
                 試合のキックオフは、19:00。

     ◆開催場所  キンチョウスタジアム
              大阪市東住吉区長居公園1−1

  • 2014年10月08日

    第2回 「近畿とくしま歴史講座」  10/25(土)開講

     【近畿とくしま歴史講座】第2回は講師:古野貢氏(武庫川女子大講師)による『阿波での三好氏の動向』。(主催:当連合会)

     講座内容は、阿波守護細川氏の家臣であった三好氏がどのようにして力を蓄え、主君を凌ぐようになったのか、阿波土着のころからたどります。 (案内チラシより)

     ふるさと徳島の歴史(郷土史)を学びませんか。開講概要は以下のとおりです。
     なお、第3回は平成27年1月18日(日)に開講します。


     ●開講日時 平成26年10月25日(土)14:00〜16:30 (受付は13:15から)

     ●会  場 大阪歴史博物館(講堂)
             大阪市中央区大手前4−1−32 (NHK大阪放送局横)

     ●参加費  ¥500−(資料代)

     ●その他  ・どなたでも参加できます。(事前申込み不要)
            ・第1回は8月23日、桧本多加三氏(桃山学院大非常勤講師)による
            『三好一族の歴史的評価』。同講師の資料をご希望の方に差上げます。
            (先着順。部数に限りがあります)

      【お知らせ用ポスター】
    14ポスター.jpg

  • 2014年10月01日

    海陽町関西ふるさと会(仮称) 会員募集中

     — 関西地区で暮らす海陽町出身者の親睦を図り、ふるさと海陽町を語り合う交流の場として、この度「海陽町関西ふるさと会(仮称)」を設立する運びとなりました。—(海陽町ふるさと会事務局ホームページより)

     海陽町は、関西在住の同町出身者を対象に会員募集をしています。入会案内等はホームページをご覧ください。

     詳しくはこちら ⇒ 海陽町関西ふるさと会

  • 2014年09月15日

    すだちくんに投票・応援を!!  (ゆるキャラグランプリ2014)

     徳島県マスコット「すだちくん」が「ゆるキャラグランプリ2014」に登録チャレンジしています。

     全国の自治体が競うなか、徳島県のPRと認知度の向上を目指します。昨年は12位でしたが、みなさんの応援で優勝を目指します。

     ご家族や友人・知人にすだちくんに投票を呼びかけてください。

    ●応援投票方法
     「ゆるキャラグランプリ2014」をクリックして、アドレス、パスワードを登録してください。1メールアドレスにつき毎日1回投票ができます。

    ●投票期間
     9月2日(火)〜10月20日(月) 49日間

    ●その他
     ・スマホ、タブレット、携帯電話からも投票できます。
     ・徳島県は「すだちくん行動隊 隊員募集中」です。
      詳しくは「すだちくんオフイシャル」をご覧ください。こちらからも登録⇒投票ができます。
     ・毎日、すだちくんのランキングが判ります。

    投票を呼び掛けるチラシ

      14すだちくんチラシ1.jpg

  • 2014年09月12日

    '14定期総会と県人の集い  9/7 430人親睦深める

     雨が多く夏らしい天候がないまま9月に入った第一日曜日の7日、「'14定期総会と県人の集い」がホテルニューオータニ大阪で参加者430人により開かれました。

     昨年に続き、フリーアナウンサー藤田瞳さん(徳島市出身)の司会により定刻11時に開会。
    就任2年目を迎えた木岡清会長は、水害被害のお見舞いを述べ、歴史に焦点を当てた新規事業『近畿とくしま歴史講座』を紹介し、「講座を聴いて、現代の阿波軍団の仲間入りをしてほしい」と呼び掛け、「私達は、近畿から“いけるよ徳島”を応援したい」とあいさつ。

     続いて飯泉知事は徳島と近畿の繋がりに触れ、日本文化の中心は関西、その関西を担って行こうという基軸が阿波おどりと阿波人形浄瑠璃であり、「さらなる支援を」と述べた後、徳島の話題を紹介し、「”すだちくん”がゆるキャラグランプリで優勝できるよう応援してほしい」とあいさつがありました。

    P1040704.JPG DSCN1850 (800x600).jpg

            木岡会長                       飯泉知事

     森田正博県議会議長、三木亨参議院議員、吉川沙織参議院議員の祝辞の後、来賓紹介、祝電披露、連合会議事報告と進み、功労者表彰では13名の代表として西川圭子さん(近畿美馬市ふるさと会)に木岡会長から表彰状と記念品が贈られました。

    DSCF0509.JPG DSCN1853 (800x600).jpg

             会場風景                     功労者表彰受賞者

    小休止の後、正午過ぎから「県人の集い」の開会となり、乾杯酒は恒例となった吉野川市ご提供の特製梅酒「白竜峡」。ご発声は藤木勉京都徳島県人会会長。

     しばし会食・歓談の後、落語家・笑福亭学光さん(阿南市出身)の司会に変わり、すだちくん応援、阿南ええでよ踊り(阿南市)、秘境竜(ゆるキャラ、三好市)、怪フォーラム(山城・大歩危妖怪村)などのPR紹介イベントが舞台で繰り広げられました。

    P1040799.JPG P1040826.JPG

            投票を呼び掛けるすだちくん           怪フォーラム開催PR

     演芸・アトラクションでは、唄「我等の長慶公」、「徳島こいこい音頭」、「剣山」等がそれぞれ披露され、演歌歌手・宝木まみさん(鳴門市出身)による華やかな舞台が続き、最後は大阪天水連による洗練された阿波おどりで会場は盛り上がりました。

    P1040851.JPG P1040871.JPG

         宝木まみさんのショー                会場の特産品出展PR

     午後2時30分、井上章副会長の謝辞で中締めとなり、抽選会に移りました。
    多くのスポンサーから総数349件の賞品が提供され、学光さんの間をとった噺家ならではの軽快な司会進行により混乱もなく終了。午後3時40分散会しました。

    【会場模様はアルバムに掲載UPしていますのでご覧ください。】

    P1040927.JPG DSCF0650.JPG

        大阪天水連を中心に総踊りで盛り上がる       ステージもいっぱいに…

  • 2014年09月06日

    「近畿とくしま」№88 平成26年9月7日発行


    近畿88img002.jpg 近畿88img001.jpg

    近畿88img004.jpg 近畿88img003.jpg

    近畿88img006.jpg 近畿88img005.jpg  

    近畿88img008.jpg 近畿88img007.jpg
     

  • 2014年08月31日

    「母子慕情」上演  阿波文化発信

     母と子の絆をテーマにした舞踏組曲「母子慕情」が、8月30日、文楽の聖地・国立文楽劇場で上演され観客約700人が幻想的な舞台を楽しみました。(関連記事2014.3.24.既報)

     この上演は徳島の「本四高速全国共通料金化あわ文化魅力発信事業」と位置づけられたもので、近畿連合会も共催応援(支援・協力)しました。関係者の皆様、ご協力ありがとうございました。
    200_d5WWiiFF.jpg DSC03418.JPG

     幻想的な舞台(徳島新聞より)       打上げ・お礼の会で挨拶する木岡会長(中央)

  • 2014年08月24日

    第1回「近畿とくしま歴史講座」開く   8/23

     近畿連合会主催による「近畿とくしま歴史講座」が、8月23日(土)午後2時から大阪歴史博物館(4階講堂)で開催され、歴史フアンら約60人が『戦国武将 三好一族を学ぼう』の講演を聞きました。

    D講演木岡85.jpg D講演桧本01.jpg

      挨拶する木岡会長                    講演する桧本講師

     第1回は「三好一族の歴史的評価」。講師は桧本多加三氏(桃山学院大非常勤講師)。
     木岡会長の主催者挨拶に続き、桧本講師は「三好一族の歴史的評価が不十分なのは、日本の歴史学会の怠慢であり、もっと評価されてもよい。特に天下人の素養を確立した三好長慶は真の天下人。茶の湯など日本文化に多大な功績を残している」などと、≪天下の覇者・三好長慶≫の魅力について、約2時間にわたり講演されました。

     講演を挟んで、「我等の長慶公」の歌と詩吟が演じられ、歴史講座に華を添えました。
    参加者は「資料を読むより講演は判り易いからいいですね」、「人物像が身近に感じられるので非常に良かったです」、「長時間にも拘わらず聴き入りました」などと語っていました。

    D講演吉岡96.jpg D講演詩08.jpg

      我等の長慶公                      詩 吟

     次回(第2回)は、10月25日(土)午後2時から今回と同じ会場で開かれます。
    演題は「阿波の三好氏の動向」、講師は古野 貢氏(武庫川女子大講師)です。是非、ご出席ください。
     

  • 2014年08月19日

    徳島おどり込みレポ −− 「関西阿波おどり協会」合同連

     関西阿波おどり協会は、昨年に続き8月13日、14日の両日、【阿波おどり本番】の徳島へ合同連でおどり込みました。

     14日、18:24スタートで徳島市役所前演舞場に出演のため、徳島城公園に集合し、鳴り物合わせ、おどり隊列の練習をしました。昨年に比べ今年は合同練習の成果があり、十分見応えのある雰囲気が見られました。
     多数のカメラマン等も練習風景に興味を寄せシャッターを切っていました。

    IMG_20140814_174725.jpg IMG_20140814_183059.jpg

      徳島城公園で集合練習                  市役所前演舞場で熱演

     60名を超える鳴り物(かなりの迫力)の中、関西阿波おどり協会の“高張り提灯”を先頭に、ちびっ子、女おどり、男女の男おどりを加えた200名の合同連が市役所前演舞場へ気合い十分でおどり込みました。あっと言う間のおどりだったのでは・・・・・
     続いては、19:24より両国本町通りでの出演です。市役所前の2倍以上の長さがあり、なかなかスタミナの要るところです。踊り手たちは待ち時間に少し腹ごしらえなどして、いざ長丁場へのチャレンジです。前後を有名連に囲まれながらも、日頃の練習成果を如何なく発揮したおどりに、桟敷席から大きな拍手がありました。
     フィナーレは、鳴り物と息の合った大演舞を披露し、大観客にアッピールして終了。2014夏の関西阿波おどり協会・合同連の徳島出演は終わりました。
     来年はレベルアップした関西阿波おどり協会のおどりを披露することでしょう。来年がまた楽しみになりました。(記:糸田川廣志)


    IMG_20140814_195026.jpg IMG_20140814_200259.jpg

     ちびっ子たちを先頭に長い両国橋通りへ       鳴り物は大迫力でした!

  • 2014年08月17日

    第6回阿波おどり見学ツアー 実施  8/15〜8/16

     夏の定番行事となった「阿波おどり見学ツアー」は、今回で6回目。大口参加の申込があり、募集定員オーバーが予想されましたが、急にキャンセルになるという募集段階で混乱がありました。そのため参加者は過去最少の23人。

    14阿波おどりツアー09.jpg 14阿波おどりツアー41.jpg

      藍場浜演舞場で開演を待つ参加者           参加者の皆さん

     台風余波の前線停滞に伴う異常降雨が危惧されましたが、予定どおり梅田から徳島バスで出発。車中、ビデオ「阿波おどり」を観て“学習”。途中、大雨に見舞われましたが、昼食後、徳島市文化センターで選抜阿波おどりをたっぷりと観賞。阿波おどり会館を経て、阿波観光ホテルにチエックイン。午後6時から、市内最大と言われる藍場浜演舞場で次々と繰り広げられる有名連の阿波おどりを堪能しました。4日目・最終日のこの日、熱演する老若男女の踊りに、これが最後とばかりの心意気が感じられました。

     2日目は、ルネッサンスホテルナルトの郷土食材たっぷりのバイキング昼食をはさみ、藍の館、阿波十郎兵衛屋敷(阿波人形浄瑠璃観賞)、霊山寺、鳴門公園を観光し帰途に着きました。
     参加者から「ぞめきの雰囲気は最高!。雨を覚悟していたが降らなくて良かった」、「食事も美味しく、いい体験をさせてもらいました」、「また参加したいです」、と感想が語られました。
     

  • 2014年08月04日

    京都市中央卸売市場2014夏まつり  8/23(土)開催

     今年も、京都市中央卸売市場第一市場で「2014 夏まつり」が開催されます。
     徳島県からも「新鮮 なっ!とくしま」号が出展し、ハモ・梨・すだち・ちりめんのPRを行います。

     また、「大阪天水連」の皆さんによる「阿波おどり」の演舞もあります。
     他に、青果物や塩干物等の即売や模擬店もあります。
     お近くの方は、是非お越しください。

     ●日時 8月23日(土)午後5時〜午後8時(開会式4時45分)

     ●会場 京都市中央卸売市場第一市場 塩干卸売場(新千本通り 花屋町東入)

    【広報資料】京都市中央卸売市場「夏まつり」の開催について

             2014夏まつり.pdf


         写真は、昨年の大阪天水連の阿波おどりと一次産品PR風景

     
     
    H250824_阿波踊り_大阪天水連 .JPG H250824_一次産品のPR風景.JPG
     

  • 2014年07月31日

    平成26年度ふるさと会等交流会     7/28開催

     徳島県大阪本部主催による「ふるさと会等交流会」が、7月28日(月)午後4時から2時間にわたって大阪市内の貸会議室で開かれました。

    DSC03239.jpg
     【 活発な意見交換がありました 】

     参加したのは「近畿かつうらふるさと会」(会長鶴本照啓)をはじめ、10ふるさと会の代表者と近畿連合会の24人。

     小笠県本部長及び木岡連合会長の挨拶に続き、順次、各ふるさと会から活動状況の報告があり、その後、意見交換がありました。
     意見交換では、会員の高齢化と会員減少状況、地元交流会(ふるさと探訪)、会費(財政)問題、新たな取組事業、etc……、課題・悩みについて活発な発言がありました。

     【参加ふるさと会】
     近畿かつうらふるさと会、近畿神山会、近畿美馬市ふるさと会、近畿阿波池田ふるさと会、近畿山城大歩危会、近畿三野ふるさと会、平家の郷かずら橋会、近畿牟岐会、東みよし近畿ふるさと会、関西・阿南ふるさと会

  • 2014年07月28日

    第7回関西すだち会ゴルフコンペ    7/26開催

     「第7回関西すだち会ゴルフコンペ」(主催:当連合会)が茨木高原CC(茨木市)で参加者20人により開催されました。

    快晴の炎天下、標高680mの茨木高原CC。暑さとの戦いも余儀なくされた参加者でしたが、「木陰での風は心地よくて、過去最高のスコアーだった」「涼しく廻れてよかった」と笑顔の参加者。

     成績発表・表彰式で木岡清会長は「密かに連覇を狙ったが駄目だった。次回はもう少し参加者が増えるようにしたい。また、9月7日の県人会総会にも参加してほしい」と主催者あいさつ。

     優勝は近藤俊幸さん(アウト42、イン37、ハンディ9.6、ダブルペリア方式)、2位は水口敦仁さん、3位は土井池悦治さん。その他トビ賞などの賞品が贈られました。
    会食と歓談の中、初参加者3名による自己紹介、アンケート実施などがあり、和やかな第7回目でした。



    14すだち会全員320.jpg DSC03232.JPG
    スタート前、メンバーのみなさん              成績発表・表彰式